生理前になると眠い!その原因と効果的なサプリメント

shutterstock_145816013
しっかりと睡眠をとっているのに、昼間から「眠いな~」なんて、思っていたら生理がきた。そんな経験をする女性も少なくありません。


生理前になると眠くなること自体は珍しいことではありませんが、中には、生活に支障をきたしてしまう方もいらっしゃいます。


007

2016-09-24_152030
生理前になると眠くなる原因は、女性特有のホルモンの影響です。女性のカラダには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンによってコントロールされています。


エストロゲンは、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする、女性らしさをつくるホルモンです。


一方、プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする 、妊娠を助けるホルモン


エストロゲンには基礎体温を下げる働きがり、プロゲステロンは、基礎体温を上げる働きがあります。


seirisyuuki

生理から次の排卵までの間を卵胞期と呼び、この時期にはエストロゲンが分泌され、基礎体温を下げるので低温期にあたります。排卵から生理までの間はプロゲステロンが分泌される時期で、基礎体温を上げる高温期にあたります。


私たちのカラダは体温が高いところから低くなる時に眠くなり、逆に低いところから高くなる時に覚醒するようになっています。


生理前になると眠くなる原因は、プロゲステロンによって基礎体温が上がってる高温期で、夜になっても体温が下がりにくく質の良い睡眠がとりにくい状態になっています。


そのため十分な睡眠がとれず、生理前は「夜寝ているのに昼間も眠い」「とにかく眠い」などの症状が起きやすくなるのです。


また、プロゲステロンの分泌が多くなる時期は、精神的に不安定になりやすく、ココロとカラダにさまざまな不快症状を及ぼすPMS(月経前症候群)となります。また、この時期には肌荒れやニキビができやすいのも特徴です。


008
生理前の眠気は多かれ少なかれ誰にでもあるものですが、自分の身体の状態がわかれば、その時期に合わせて対処することもできます。


gazou11 (2)朝、目覚めたらなるべく自然光を浴びる

neoki_girl_sawayaka

女性にとって日光はシミの原因にもなるので、できれば避けたいと思いますが、実は朝日にはスゴイいパワーがあります。朝、朝日を10分間浴びるだけで、幸せホルモンのセロトニン、睡眠ホルモンのメラトニンが生成されるので、夜の睡眠が深くなります。


また、日光を浴びることにより体内でビタミンDが生成されるので、骨粗しょう症の予防や血圧を下げる作用・肌荒れの改善・コラーゲンの生成など美肌効果も期待できます。


ココロの健康を保つためにも適度に日光を浴びることは大切です。


gazou11 (2)寝る3時間くらい前に適度な運動をする

dumbbell_woman
夜の睡眠の質を高める効果と、ストレスを発散して新陳代謝を高める効果を得るために運動を取り入れましょう。


まず、運動をすることで体が程よい疲労感を得ることができます。それにより入眠時間を短くすることができます。また、運動することで血行を促進することができるので、新陳代謝がアップして睡眠の質を高くすることができます。


運動するタイミングは、眠りに入る3時間くらい前がベストだといえます。夕食後、消化のために1時間置いてから運動を行うのが良いでしょう。運動をして一時的に体温を高め、ちょうど体温が下がってくるころにベッドに入るようにしましょう。


gazou11 (2)お風呂に入ってリラックス

ofuro_nyuyokuzai_woman
運動と同じで、入浴をすることで体温を一時的に上げ、体温が下がり始めた頃にベッドに入ると、眠りに入る時間を短くすることができます。さらに、リラックス効果もあり、レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく行うことができます。


お風呂の温度は38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯につかって、徐々に体温を上げるようにしましょう。そうすることで、交感神経優位の状態から、副交感神経が優位な状態になるので、カラダがリラックスして質の高い睡眠を得ることができます。


また、入浴にはカラダの疲れを取り除く役割もあるので、眠いからといって、シャワーだけで済ませずに、しっかり湯船につかることを意識しましょう。


gazou11 (2)サプリメントを利用する

suppliment
毎月、生理前になると眠くなる・・・これは女性特有の症状PMSとも関係しています。PMS対策サプリメントは、女性ホルモンに作用するイソフラボンやγ(ガンマ)-リノレン酸で、生理前に減少するエストロゲンの分泌を高めてくれます


食事と組み合わせて、サプリメントを利用し、足りない栄養素を補充していくのもいいでしょう。


おすすめは「ルナベリー」です。チェストベリーという、古くからPMSの改善に使われてきた成分を40mg配合しています。また、女性ホルモンのバランスを整える亜麻仁油を100mg、9種類のハーブをブレンドしてつくられたPMS用のサプリメントです。


⇒ルナベリーの詳しい情報をみる


004

school_sensei_kokuban_woman
PMSの症状は200種類以上あるともいわれ、人によって症状が違ってきます。眠気は、PMSの中でもほとんどの女性が経験しますが、同じ女性からも理解されにくいものでもあります。まずは生活習慣を見直し、規則正しい生活を取り戻しましょう。


しかし、日常生活に支障が出てしまう場合は一度、医療機関に相談し、適切な治療を受けることを視野に入れてもいいのではないでしょうか。