150717cafeglobe_mediagene-thumb-640x360-88636
しっかりと睡眠をとっているのに、昼間から「眠いな~」なんて、思っていたら生理がきた。そんな経験をする女性は多くいます。

逆に、生理前になると眠れなくなる「不眠」に悩まされる女性も少なくありません。生理前になると不眠や動悸がするという方は、PMS(月経前症候群)の症状の現れかもしれません。

生理前の不眠・動悸の原因は?

生理前になると不眠や動悸が現れる原因は、女性特有のホルモンの影響です。女性のカラダには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンによってコントロールされています。

エストロゲンは、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする、女性らしさをつくるホルモンです。

一方、プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする 、妊娠を助けるホルモン。

エストロゲンには基礎体温を下げる働きがり、プロゲステロンは、基礎体温を上げる働きがあります。

生理から次の排卵までの間を卵胞期と呼び、この時期にはエストロゲンが分泌され、基礎体温を下げるので低温期にあたります。排卵から生理までの間はプロゲステロンが分泌される時期で、基礎体温を上げる高温期にあたります。

seirisyuuki
私たちのカラダは体温が高いところから低くなる時に眠くなり、逆に低いところから高くなる時に覚醒するようになっています。

生理前になると眠くなる原因は、プロゲステロンによって基礎体温が上がってる高温期で、夜になっても体温が下がりにくく、眠りにつけません。これが「不眠」の原因です。

動悸の原因も女性ホルモンのバランスが崩れたことで、自律神経を乱し交感神経の優位を招くことにより動悸の症状が起きると考えられます。

また、動悸と一緒に「息苦しさ」が現れる方もいらっしゃいます。これは、乳腺に何かしらのトラブルが起こっている「乳腺症」の可能性があります。

普通に生理前になると乳腺が張ったり、乳房が痛いという経験をする女性は多くいます。乳腺症は女性ホルモンの影響を強く受けて起こると言われ、プロゲステロンの分泌が増える生理前になると症状が強くなります。そして、生理が終わると和らぎます。

生理前の不眠・動悸を改善する4つの方法!

生理前の眠気は多かれ少なかれ誰にでもあるものですが、自分の身体の状態がわかれば、その時期に合わせて対処することもできます。

gazou11 (2)お風呂に入ってリラックス

ofuro_nyuyokuzai_woman
入浴をすることで体温を一時的に上げ、体温が下がり始めた頃にベッドに入ると、眠りに入る時間を短くすることができます。さらに、リラックス効果もあり、レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく行うことができます。

お風呂の温度は38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯につかって、徐々に体温を上げるようにしましょう。そうすることで、交感神経優位の状態から、副交感神経が優位な状態になるので、カラダがリラックスして質の高い睡眠を得ることができます。

また、入浴にはカラダの疲れを取り除く役割もあるので、眠いからといって、シャワーだけで済ませずに、しっかり湯船につかることを意識しましょう。

gazou11 (2)アロマでリラックス

aroma_girl
アロマは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)利用することで、ココロとカラダのバランスを取り戻し、リラックス効果がある自然療法です。

鼻から入ったアロマの香りは、脳の視床下部へと伝わり、気分を落ち着かせ、自律神経やホルモンのバランスを整えたりします

おすすめのアロマは、心身のリズムを整えたり、緊張や不安を解きほぐしてくれる「ラベンダー」、不安・怒り・恐怖・緊張などをやわらげ、心を落ち着かせてくれる「カモミールローマン」、ストレスや緊張をやわらげ、心に元気を与えてくれる「オレンジスイート」などが心地よい眠りのためにおすすめのアロマです。

gazou11 (2)ハーブティーでリラックス

drink_coffee_tea_woman
ハーブティーの中でも、カモミールやラベンダー、ローズマリー、レモンバーベナといったハーブが、特に効果的だと言われています。これらのハーブには、リラックス効果や、眠りを誘う効果があることが認められています。

しかし、濃いハーブティーはせっかく寝付いたのに、尿意を感じて起きてしまうことがあるので要注意です。数種類がブレンドされているハーブティーは、カフェインが含まれるものが入っていないかをチェックするようにしましょう。

gazou11 (2)サプリメントを利用する

suppliment
生理前の不眠や動悸は女性特有の症状PMSです。PMS対策サプリメントは、女性ホルモンに作用するイソフラボンやγ(ガンマ)-リノレン酸で、生理前に減少するエストロゲンの分泌を高めてくれます。

エストロゲンの分泌が増えると、メラトニンという睡眠に入るためのホルモンの原料になり、眠りにつきやすくなります

食事と組み合わせて、サプリメントを利用し、足りない栄養素を補充していくのもいいでしょう。

おすすめは「ルナベリー」です。チェストベリーという、古くからPMSの改善に使われてきた成分を40mg配合しています。また、女性ホルモンのバランスを整える亜麻仁油を100mg、9種類のハーブをブレンドしてつくられたPMS用のサプリメントです。

2016-09-24_173030ルナベリーの詳しい情報をみる

まとめ

PMSの症状は200種類以上あるともいわれ、人によって症状が違ってきます。眠気は、PMSの中でもほとんどの女性が経験しますが、同じ女性からも理解されにくいものでもあります。まずは生活習慣を見直し、規則正しい生活を取り戻しましょう。

しかし、日常生活に支障が出てしまう場合は一度、医療機関に相談し、適切な治療を受けることを視野に入れてもいいのではないでしょうか。