食べたくて仕方ない!PMSの過食にガンマリノレン酸が効果的!

cc500f15f864264f1a4dce2e765e27b0
過食となる原因はさまざまありますが、生理前になると食べたくて仕方ない!そんな悩みを持つ女性も少なくありません。


月経前症候群(PMS)になると、女性ホルモンのバランスが乱れてココロとカラダの両面においてさまざまな症状が現れます。そんな症状のひとつとして、食欲を抑えられなくなる「過食」があります。


011

syokuji_kasyokusyou
生理前になると過食になる原因は、女性特有のホルモンの影響です。女性のカラダには卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンによってコントロールされています。


エストロゲンは、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする、女性らしさをつくるホルモンです。


一方、プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする 、妊娠を助けるホルモン


生理前になると、プロゲステロン分泌量が急増し、水分の代謝や脳内物質に影響をもたらすため、心身が不安定になりがちです。


その結果、ストレスが溜まりやすくなり、過食を引き起こしてしまうと考えられています。


また、精神を落ち着かせる効果があるセロトニンが不足すると感情が安定せずにイライラしやすくなり、ついつい食べ物に手が伸びてしまうというわけです。


012

simple_summer_food
PMSによる過食を予防するためには、セロトニンの量を増やすことが効果的です。セロトニンは、脳の機能を安定させるために重要な役割を担っている神経伝達物質のひとつです。


セロトニンを増やすには、必須アミノ酸の1種であるトリプトファンを摂取することが効果的と言われています。


トリプトファンが含まれている食材は、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。

さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。


しかし、トリプトファンをセロトニンに変換するためには、ビタミンB6やビタミンB12が必要です。上記の食材と一緒にビタミン類を摂ることをおすすめします。


013

suppliment
セロトニンを増やすにはトリプトファンが大切だと言うことは、分かったと思いますが、毎日、これらの食材を食べようとすると大変です。


そこで、サプリメントで摂取するのもひとつです。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌は、セロトニンの分泌と比例関係があると言われています。つまり、生理前にエストロゲンが減ってしまうと、セロトニンも一緒に減ってしまうのです。


月見草オイルには、γ(ガンマ)-リノレン酸を豊富に含んでいるので、生理前に減少するエストロゲンの分泌を高めてくれます


エストロゲンの分泌が増えれば同時にセロトニンの分泌も増えるので、PMSによる過食の予防や改善に効果が期待できます。


gazou11 (2)おすすめサプリメント

2016-09-24_170500
PMSによる過食を予防したいなら、女性のミカタ「やすらぎ編」」がおすすめです。女性のミカタ「やすらぎ編」の主な成分は、月見草オイル330mg、ラフマ葉エキス30mg、大豆イソフラボン20mgと言った、3種類の素材に、ビタミンB6 10mgなどの栄養素を配合して作られています。


月見草オイルの配合量は、他のPMSサプリメントと比べても圧倒的な配合量です。


2016-09-24_173030女性のミカタ「やすらぎ編」を見てみる


004

school_sensei_kokuban_woman
PMSの症状は、まさに十人十色ですが症状が重くなる方は、真面目で細かいことを気にしやすい性格や、ストレスが溜まりやすい環境・食生活のバランスが悪いことが挙げられます。


つまり、この反対の生活をするように心掛ければ、自然と症状は緩和するということです。


また、適度な運動や好きなことを見つけるなど、ストレスを発散できる環境をつくりましょう。自律神経を整えて気持ちが楽になる効果がありますよ。