生理前のもやもや・イライラを解消する簡単な方法まとめ

1もやもや
女性にとって生理は毎月訪れる悩みのひとつ。生理前になると気持ちがモヤモヤしたりイライラしてしまったり、突然不安な気持ちに襲われたりすることってありますよね。


お腹がものすごく空いてしまい、ドカ食いしてしまったり、甘い物が食べたくなって自分の容姿に自信が持てずに一層落ち込んでしまったり・・・。


なかでも「モヤモヤして、仕事に集中できない」「モヤモヤの症状で、彼氏といても楽しくない」という経験をしたことがある人も少なくないでしょう。


そんな女性特有のPMS(月経前症候群)について、原因と解消する方法をまとめてみました。


gazou11 (2)生理前のもやもやの原因は?

2016-09-19_172723-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
一説にはPMSの症状は200種類以上あるといわれています。PMSの原因は、女性ホルモンの急激な変化が関係しています。


女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)、2つの女性ホルモンがあり普段は絶妙なバランスで保たれていますが、生理前になるとこのバランスが乱れてしまいます。


とくに、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増えるとイライラ・もやもやしてくるのがPMSの特徴です。


2016-05-15_091316
現在、女性の約85%の人が悩んでいるともいわれるPMS。解消するにはどうしたらよいのでしょうか?


gazou11 (2)モヤモヤは食事で改善

syokuji_girl
生理前もそうですが、生理中でも子宮は活動しているので、しっかりと栄養を補ってあげることで、もやもやを軽減することが可能です。


○ビタミンB6

毎回、生理前のモヤモヤに悩まされているなら、栄養不足に注意しましょう。たんぱく質の少ない食事をしているとビタミンの摂取が減少し、カラダの冷えや代謝低下の原因となってしまいます。


注目はビタミンB6です。ビタミンB6は貧血の予防と改善に欠かせない栄養のひとつで、脂肪やたんぱく質から熱を作りだすビタミン。熱を作ると代謝を良くしてくれるので、貧血だけでなくカラダの冷えも改善することができます。


ビタミンB6が含まれる食材は、魚類ならマグロやかつおなど。赤身にも脂身にもビタミンB6が多く含まれています。また、肉類なら牛や鶏のレバーがおすすめ。肉類の中でも安価なレバー類は、貧血にも良いので積極的に摂りましょう。


ちなみに、ビタミンB6は水溶性のため、摂り過ぎた分は体外へ排出されます。


○血行も良くするビタミンE

生理中は血液が子宮に集中するため、血流が悪くカラダも冷えやすい状態です。そのため、血行を改善してくれる食材もおすすめです。


血行を良くする栄養はビタミンEです。とくに血液をサラサラにする青魚はおすすめ。また、アボカドにも多くのビタミンEが含まれているので、カラダの血行をアップしてくれます。


gazou11 (2)生理前のもやもやをサプリメントで解消!

病院に定期的に通うのは面倒だし、漢方も毎日煮出すのは大変……という人におすすめなのが、PMS専用のサプリメントです。


suppliment
ピルなど薬の副作用の心配もなく、漢方のように面倒な手間もいりません。毎日簡単にそして、手軽に続けられるのがサプリメントの最大のメリット。


おすすめはPMS専用サプリメントとしてリピート率93.2%の『ルナベリー』です。ルナベリーは生理前のイライラ・もやもやから解放してくれるサプリメント。


主成分であるチェストベリーは古くから生理不順やPMSに悩む女性から親しまれてきた伝統的なハーブ。月見草オイルはイライラ・憂鬱など女性特有のモヤモヤ、生理痛を緩和する効果が期待できます。


その他にも精神安定の強壮作用のあるレッドクローバーや、冷え性や肩こりなどにも効果的なピクノジェノール、体調を整える効果がある亜麻仁など、9種のハーブの効果・効能で生理前のもやもやを快適にしてくれます。


さらに、生理前の肌荒れやニキビなどの肌トラブルにもルナベリーは効果的です。あなたも生理前にイライラせず笑顔で過ごす快適生活…試してみませんか?


⇒ルナベリーの公式サイトはこちら


gazou11 (2)まとめ

生理前にイライラしてしまうことで周囲の人に迷惑をかけてしまうのは、周りも本人もつらいことです。


イライラを緩和させるにはカラダを冷やさないよう温かい飲み物を飲み、安静にすることも大事。月に一度訪れる生理前のイライラを和らげハツラツとした毎日を過ごしましょう。


生理前のイライラを解消する効果的なサプリや薬は?

Frustrated and stressed angry Chinese woman pulling her hair with hands
生理前になると、なんだかイライラする…小さな出来事でも怒ってしまい、彼氏や旦那に八つ当たりしたり、周りの人たちにも良くない影響を与えてしまうときがあります。


生理前にイライラするのは女性特有の症状PMS(月経前症候群)の可能性があります。 実は生理のある女性の85%の人がPMS、つまり月経前症候群の症状があるといわれています。


PMSはココロとカラダにさまざまな症状が現れますが、ココロの症状でいちばん多いのが「イライラ」です。「いつもは、こんなことで怒らないのに…感情がコントロールできない!イライラする!」という内容です。


PMSという症状を理解し、自分自身でわかっていても「上手くコントロールできない」ものです。生理は毎月訪れるものですから、何とかできるのなら何とかしたいですよね。


そこで、PMSの症状を改善するには薬や漢方、サプリメントなどがあります。それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSの原因


2016-06-05_204105

PMSによるイライラの原因はホルモンバランスによるものです。生理前になると黄体ホルモン(プロゲステロン)が増え、エストロゲンが減少します。この際に急激に分泌量が変わることで女性ホルモンが乱れPMSを発症します。


女性ホルモンが乱れることによって、自律神経のバランスも乱れ始めます。そうすると幸せホルモンを分泌している脳内のセロトニンにも影響が出始めるようになります。


セロトニンの分泌量が不足するとイライラだけでなく、不安や寂しいといったうつ症状に近い感情が現れます。実際に、うつ病を患っている人のセロトニンの分泌量は少ないといわれています。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSに効果が期待できる3つの方法

○低用量ピル

Menjoy_43987_1
婦人科を受診すると多くの人が「低用量ピル」を処方されます。低用量ピルは、避妊のために使われるという認識の高いものですが、PMSの治療にも使用されています。


PMSの症状は、排卵の前後に起こるエストロゲンとプロゲステロンの急激な変化が関係すると考えられています。低用量ピル含まれているを服用することにより、エストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンの働きで、妊娠したように見せかけ、排卵を促す時に必須な黄体ホルモンの分泌を抑制することで、ホルモンの乱れを一定にさせ、PMSの軽減を図る方法です。


低用量ピルは医薬品なので即効性がありますが、副作用としては頭痛をはじめ、吐き気や不正出血などが起こることがあります。また、ごくまれにですが、血栓ができることもあります。副作用は服用を始めて3か月ほどの間に起こりやすいので、身体の変化にはとくに注意が必要です。


○漢方薬

iStock_000008002501Large
漢方医学には「気・血・水(き・けつ・すい)」というものがあります。気・血・水とは、人間が生命活動をするうえで必要な3つの要素で、PMS(月経前症候群)は気・血・水のすべてのバランスが乱れている状態と言われています。


PMSに効果が期待できる漢方薬としては、

●桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
●桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
●当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


などがあります。


漢方薬は低用量ピルと違い副作用の心配は極めて低いですが、漢方薬は病院を受診しなければ処方されません。漢方薬も保険適用されるものが多いですが、病院やクリニックによっては、保険がきかない自由診療のところもあるので注意が必要です。


また、ドラックストアでも漢方薬は販売されていますが、自分の症状に合ったものでないと効果が期待できませんので自己判断での購入は避けましょう。


○PMS専用サプリメント

niki66
低用量ピルや漢方薬は病院受診をしなければ処方されません。人によっては受診に抵抗がある人や受診をする時間がない人もいらっしゃると思います。PMS対策に最も手軽で効果的なのが、サプリメントの摂取です。


PMSサプリに含まれる成分には、「女性ホルモンに働きかけ、ホルモンバランスを整える」という特徴があります。さらに、PMSの改善だけでなく、「子宮トラブルの解消」「更年期症状の改善」など、婦人系の悩みを幅広くケアしてくれるというメリットも。


サプリメントであればドラッグストアやインターネットでも簡単に手に入りますので、試してみてはいかがでしょうか。


⇒イライラの救世主!リピート率93.2%のPMSサプリはこちら











生理前のイライラを解消したい! | 効果的な3つのアロマはこれ!

無題
生理前になるとイライラしたり、憂うつになったり、症状は人によって様々ですが、心身に不快症状が現れることを、PMS(月経前症候群)といいます。


女性のカラダはデリケートです。生理のあるときも、ないときも、女性は毎日ホルモンの影響を受けています。特に生理前や生理中はホルモンの変動が大きく、ホルモンの変動の仕方によって憂うつな気持ちになったり、イライラしたりしてしまいます。


女性は月の半分ほどはホルモンバランスが崩れ、カラダやココロが不調になり、つらい日々をすごすことが多いですよね。このようなときは気持ちが上向きになるものではありません。


婦人科を受診すればピルなどの薬が処方されますが、できるだけ、薬に頼らず自然に治したいものです。そんなときは、アロマのチカラを借りてイライラを解消しましょう。


アロマポットなどなくても、ハンカチやティッシュに数滴染みこませて部屋に置いておくだけで、あるいはお風呂に3~5滴ほど垂らして香りを楽しむだけでも効果が期待できます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前のイライラを解消してくれるアロマ


イライラ解消効果のあるアロマのなかでも、とくに女性ホルモンのバランスを整えるとされている代表的なアロマを3種類紹介します。


○クラリセージ

s_shutterstock_196611344-min

ほんのり甘さのある、草木の香り。高さ1メートルにもなるシソ科の多年草から作られています。この精油には、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た構造を持つ「スクラレオール」と呼ばれる成分が含まれています。これがホルモンバランスを整えてくれ、PMSを和らげたり生理周期を整えたりしてくれます。


○ゼラニウム

5019b8ab44b8d3fcae58aae232d4d608-480x320

ローズのような華やかで甘い香り。ホルモンバランスを整え、生理前のイライラを解消したり、カラダのむくみを解消したりといった効果があります。また、皮脂の分泌を整えるなど美肌効果も。


○イランイラン

04201654_5534b0c8e6eba
熱帯地方に咲く花から抽出されています。エキゾチックな花の香りが特徴。緊張感を取り除いて気分を高め、幸福感をもたらす効果があります。また、古くから媚薬にも使われるほど官能的な香りであるため、女性ホルモンの分泌を活発にし、女性の生殖機能を高めたり、セクシーな気持ちにさせる効果も。


クラリセージとゼラニウムはブレンドして使うのもおすすめです。これらの精油で女性ホルモンをうまく整えることができれば、気分が落ち着くだけでなく、美肌を手に入れたり、ダイエットがうまく進んだりと、女子力アップに貢献してくれること間違いなしです。


⇒アロマと一緒に使うと効果倍増!?PMSの救世主はこちら


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

香りを楽しみながら生理痛を和らげてくれるアロマテラピーは、リラックス効果もあるため生理中のイライラや落ち込みなどにも効果的です。


即効性がある市販の鎮痛剤に頼るのもひとつの方法ですが、カラダに無理な負担がなく、自然の力で体調を改善していくアロマテラピーを一度試してみてはいかがでしょうか。自分に合ったアロマを見つけて、生理期間を快適に過ごしましょう。


生理前のイライラ | 正しい理由を知っていますか?

irairagenin
生理前に、女性のカラダは大きく変化しています。はっきりした理由もないのにイライラしたり、攻撃的な姿勢で物事を捉えてしまい、感情のコントロールができなくなってしまうようなことが起こりがちになります。これらの症状はPMS(月経前症候群)といわれる女性特有の症状です。


しかし、85%の人はPMSが現れますが約40%の人は何も対策をしていません。ですので、ほとんどの人は「毎月こうなるのは仕方ない」と思って我慢しているだけかもしれません。でも、そのたびにストレスをため、自己嫌悪に落ち込むなんて嫌ですよね。


女性のココロとカラダの健康は、生理周期と無関係ではいられません。きちんと原因を知って対策を取れば、イライラの症状を楽にできる方法がきっとあるはずです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6イライラの原因はホルモンバランスの乱れ

生理前に現れるイライラは、精神的症状の代表的なものです。さらに、イライラを含め、生理前に起こる症状のほとんどは女性ホルモンが大きく関係しているといわれます。


女性のカラダは、生理周期の間、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが妊娠を助け、維持する働きをしています。この2つのホルモンは、排卵の前後でその役割によって分泌が活発になる時期があり、このときにうまくバランスがとれないと、脳の視床下部が対応しきれずに誤作動を起こしてしまうためにココロやカラダに様々な歪みが現れてしまうのです。


また、生理前にイライラする原因として、セロトニンの不足も考えられます。月経前症候群で頭痛や下痢などの体調不調になると、ストレスがたまり、セロトニンの分泌量が不足してしまうことがあります。


セロトニンは気持ちを落ち着かせたり幸福感を与えたり、人間の精神面にプラスの影響を与える物質なので、セロトニンの分泌量が不足するとイライラしてしまうのです。


このセロトニンを作っている物質は鉄分です。ところが、生理中には経血が排出されるために、カラダ全体の血液が不足している状態になってしまいます。


普段はセロトニンを作り出すことができる鉄分の供給量でも、生理中だけは、血を作り出すために普段より多くの鉄分が使われてしまいます。生理中に貧血気味になってしまう人は、セロトニン不足がイライラの原因かもしれません。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6イライラの期間は?

生理前にイライラしてしまうのは、女性ホルモンが影響していると紹介しました。では、具体的にどれくらいの期間、イライラが継続してしまうものなのでしょうか。


イライラする期間として最も多いのが、生理前の1週間前後です。早い人だと、生理の10日前からイライラし始めることもあるようです。日によってイライラに波があることも多く、イライラの強弱もかなりの個人差があります。


しかし、生理が始まった途端イライラがピタリと治まり、不思議なほどイライラしなくなることがほとんどです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前のイライラ解消!4つの対策

生理前にイライラしないための対策について詳しく紹介していきます。

・バランスの良い食事を心がける

38310
生活習慣の中でも特に食事はホルモンバランスに特に大きな影響を与えます。積極的に食べたいのは、ホルモンバランスを整える作用のあるビタミンB群の豊富な食材。大豆製品、食物繊維や苦みのある多い野菜、キャベツ、ナッツ類です。特にナッツはビタミンB群以外の栄養素もたっぷり含んでいるので、女性の栄養補給におすすめです。


また、鉄分をたくさん含んだレバーなどの食材を普段より多く摂取することが望まれます。鉄分をしっかりとることで、十分な量のセロトニンができますから、特にしっかり摂取することを心がけましょう。


一方で、生理前は代謝が落ちているので、消化にエネルギーが必要な炭水化物(パン、ごはん、麺類)、糖類を多く含んだジュースやスイーツは控えめにしましょう。


・カラダを温めて血のめぐりを良くする

young woman in bathtub
生理前の不調は、子宮やその周辺の冷えも関係しているといいます。カラダが冷えた状態だと血流が悪くなり経血の排出がうまくいきません。ですからお風呂にゆっくりとつかってカラダの芯から温めてあげると、生理前のイライラも解消するでしょう。


また、夏はクーラーのせいでカラダが意外と冷えています。女性のホルモンバランスの乱れに、「冷え」は大きく影響しているため、なるべくカラダを冷やさないような対策を心がけましょう。


・睡眠を十分にとる

1211091051362382
睡眠不足もイライラの原因です。生理前のイライラ解消のために、早寝早起きが有効です。早起きして朝日をカラダいっぱいに浴びることで、脳内にセロトニンという「幸せホルモン」が分泌されます。


太陽と一緒に行動することは自然の理にかなった回復法です。普段は夜遅くまで起きているという人も、生理前にイライラしている自分がいることに気づいたら、早めに寝るようにしましょう。


そして、日の出とともに起きて朝日を浴びながら散歩でもすると、生理前のイライラも緩和されます。仕事や家事で長い睡眠時間が取れないという人は、質の高い睡眠を取ることができれば、同じ効果を得ることができます。


・運動やアロマを取り入れる

Stretching before Fitness & Exercise
月経前症候群による気持ちの不安を解消するために、カラダを動かすことが有効です。ストレッチやウォーキングなど軽い運動はカラダを温め血流を良くする効果があります。


普段からカラダを積極的に動かしている女性には、生理前の症状が軽い人が多いといいます。運動によって血行が良くなることが理由かと思われます。生理前に限らず、普段から運動を習慣化すると良いでしょう。


また、リラックスできるアロマもおすすめです。アロマには人を癒す効果があるので、神経をリラックスさせてくれるような香りを焚くのもおすすめです。生理前のイライラの時期は、自分を癒す日だと思って、リラックスして過ごすようにしましょう。ストレスが軽減できればイライラも治まっていくはずです。


生理前になるとイライラしてしまう女性はたくさんいます。イライラの原因を探り、理解することで生理前のイライラと上手に付き合い、その時期を明るく乗り越えていけるようにしましょう。


ココロの症状「イライラ」を改善するPMSサプリメント『女性のミカタ』