生理前の動悸にローズヒップは効果があるのか?

palpitation-cause
生理のある女性に、毎月訪れる不快症状PMS(月経前症候群)。女性の85%が経験しているココロとカラダの不快症状のことをいいます。


動悸もPMS症状のひとつです。生理前になると心臓がバクバクして、同時に息切れや息苦しさを感じます。


普段は何ともないのに生理前になるとなぜか動悸がして息苦しくなる。「何で?」と不安感でいっぱになる女性も少なくありません。


今回は、生理前の動悸の原因と対処法を紹介します。


gazou11 (2)生理前の動悸の原因は?

2016-09-19_172723-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
生理前に感じる動悸はPMS(月経前症候群)の症状のひとつであり、女性ホルモンのバランスが影響して症状が現れるといわれています。


女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類の女性ホルモンがあり、普段は絶妙なバランスで保たれています。


しかし、生理前になるとこの2種類の女性ホルモンの分泌バランスや分泌量の切り替えがうまくいかないことで一時的に不安定な状態になり、プロゲステロンの働きによって自律神経が乱れることで、動悸や息切れを起こしていると考えられています


2016-05-15_091316

gazou11 (2)生理前の動悸にローズヒップが効果的な理由


2016-07-07_194716
ローズヒップは、ドッグローズという品種の野ばらの実を使用します。ほんのりピンク色の甘酸っぱいドリンクです。このローズヒップは、PMSの症状緩和にも効果が期待できます。


PMSや生理痛においては、αリノレン酸は主に炎症や痛みを抑える働きに優れています。生理痛などの痛みは、子宮を収縮させる「プロスタグランジン」というホルモンが増えることが原因のひとつ。


リノール酸からつくられるこのプロスタグランジンは、αリノレン酸によって分泌を抑えることができるのです。


PMSの症状としては、腹痛や腰痛、頭痛などが起こる場合もあるため、普段から積極的にαリノレン酸を摂取すると良いかもしれません。


また、αリノレン酸には女性ホルモンのエストロゲンの分泌を高める働きもあり、生理前のニキビや肌荒れの改善にも効果が期待できます。


gazou11 (2)サプリメントで摂取するのがおすすめ

suppliment
ローズヒップにはαリノレン酸が含まれていますが、毎日、準備するのは大変なことです。αリノレン酸を摂る場合はサプリメントが一番かもしれませんね。


このαリノレン酸を含むPMSサプリメントが『ルナベリー』です。ルナベリーはリピート率93.2%と女性に高い評価を受けているサプリメント。


ローズヒップティーのように準備をする必要もなく、1日1粒飲むだけなのでとても簡単です。PMSが改善されれば動悸も緩和されます。ぜひ、一度試してみてはいかがですか?


⇒ルナベリーって効果があるの?の詳細を見る


生理前に訪れる動悸 | 不安感を抑える3つの方法

181679474
生理前になると心臓がバクバクして、同時に息切れや息苦しさを感じる。そんなことありませんか?普段は何ともないのに生理前になるとなぜか動悸がして息苦しくなる。「何で?」と不安感でいっぱになる女性も少なくありません。


心臓は私たち人間の生命の中枢ですので「もしかして病気?」と心配になりますよね。そもそも動悸とは、心臓がバクバクする、あるいは時々ドキッとするなど、心臓の拍動を自分自身で不快に感じる症状をいいます。そして多くは不整脈によるものです。でも必ずしも心臓が悪いということではありません。


生理前に起こる動悸であればPMS(月経前症候群)の可能性があります。ここでは、PMSの動悸に関して特徴や対処法をお伝えします。


gazou11 (2)生理前の動悸の原因は?

sick_douki
生理前に感じる動悸はPMS(月経前症候群)の症状のひとつであり、女性ホルモンのバランスが影響して症状が現れるといわれています。


医学的に明確な理由が判明しているわけではありませんが、もっといわれているのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響です。


プロゲステロンは、排卵から生理前の時期に分泌されます。排卵後にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してプロゲステロンが増えます。


この2つの女性ホルモンの分泌バランスや分泌量の切り替えがうまくいかないことで一時的に不安定な状態になり、プロゲステロンの働きによって自律神経が乱れることで、動悸や息切れを起こしていると考えられています。



gazou11 (2)生理前の動悸の3つの対処法

黄体ホルモンは女性が妊娠するためには必要不可欠なホルモンです。排除するわけにはいきませんので、PMSと上手に付き合っていくことが大切です。まずはホルモンバランスを整えるようにしましょう。簡単にできるのでぜひ、試してみてくださいね。


○自律神経を整える

ofuro_nyuyokuzai_woman
自律神経を整えるにはお風呂がいちばんです。38~40度くらいのややぬるい温度でゆっっくりと湯船につかりましょう。熱いお湯は避けましょう。交感神経を高めてしまい逆効果になってしまいます。


また、入浴のタイミングは「食後1時間以上」で「寝る1時間くらい前にお風呂から出る」というのが効果的です。


○食事内容を見直しましょう

syokuji_girl
食生活による対処方法として、大豆食品や野菜に含まれるカルシウム・マグネシウムを積極的に摂取しましょう。


女性ホルモンの活性化のためにマグロやサバ、イワシなどの魚類やレバー類に含まれるビタミンB6、そして貝類やレバー類に含まれる亜鉛も効果が期待です。


また生理前は鉄分不足に陥りやすく、これが動悸や息切れの原因になっている場合もあります。貧血にならないように、普段から鉄分をたっぷり含んだ食事を摂ることを意識してください。


○PMS専用のサプリメントを使う

suppliment
最近話題になっているPMS専用のサプリメント。ホルモンバランスを整えるにはピルやプラセンタ注射などがありますが、副作用が心配になります。PMSサプリは医薬品でななく健康補助食品なので、副作用の心配もほとんどなく、1日1~2回服用するだけなので簡単で、しかも、安心して服用できると人気になっています。


チェストツリーや月見草オイルはホルモンバランスを整えてくれる成分で、この成分を配合したサプリメントが症状改善に効果が期待できます。


⇒PMSによる動悸の救世主はコチラ!