生理前の不眠・動悸 | その症状PMSかも!?

150717cafeglobe_mediagene-thumb-640x360-88636
しっかりと睡眠をとっているのに、昼間から「眠いな~」なんて、思っていたら生理がきた。そんな経験をする女性は多くいます。


逆に、生理前になると眠れなくなる「不眠」に悩まされる女性も少なくありません。生理前になると不眠や動悸がするという方は、PMS(月経前症候群)の症状の現れかもしれません。


009

akubi_woman
生理前になると不眠や動悸が現れる原因は、女性特有のホルモンの影響です。女性のカラダには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンによってコントロールされています。


エストロゲンは、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする、女性らしさをつくるホルモンです。


一方、プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする 、妊娠を助けるホルモン。


エストロゲンには基礎体温を下げる働きがり、プロゲステロンは、基礎体温を上げる働きがあります。


生理から次の排卵までの間を卵胞期と呼び、この時期にはエストロゲンが分泌され、基礎体温を下げるので低温期にあたります。排卵から生理までの間はプロゲステロンが分泌される時期で、基礎体温を上げる高温期にあたります。


seirisyuuki
私たちのカラダは体温が高いところから低くなる時に眠くなり、逆に低いところから高くなる時に覚醒するようになっています。


生理前になると眠くなる原因は、プロゲステロンによって基礎体温が上がってる高温期で、夜になっても体温が下がりにくく、眠りにつけません。これが「不眠」の原因です。


動悸の原因も女性ホルモンのバランスが崩れたことで、自律神経を乱し交感神経の優位を招くことにより動悸の症状が起きると考えられます。


また、動悸と一緒に「息苦しさ」が現れる方もいらっしゃいます。これは、乳腺に何かしらのトラブルが起こっている「乳腺症」の可能性があります。


普通に生理前になると乳腺が張ったり、乳房が痛いという経験をする女性は多くいます。乳腺症は女性ホルモンの影響を強く受けて起こると言われ、プロゲステロンの分泌が増える生理前になると症状が強くなります。そして、生理が終わると和らぎます。


010

生理前の眠気は多かれ少なかれ誰にでもあるものですが、自分の身体の状態がわかれば、その時期に合わせて対処することもできます。


gazou11 (2)お風呂に入ってリラックス

ofuro_nyuyokuzai_woman
入浴をすることで体温を一時的に上げ、体温が下がり始めた頃にベッドに入ると、眠りに入る時間を短くすることができます。さらに、リラックス効果もあり、レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよく行うことができます。


お風呂の温度は38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯につかって、徐々に体温を上げるようにしましょう。そうすることで、交感神経優位の状態から、副交感神経が優位な状態になるので、カラダがリラックスして質の高い睡眠を得ることができます。


また、入浴にはカラダの疲れを取り除く役割もあるので、眠いからといって、シャワーだけで済ませずに、しっかり湯船につかることを意識しましょう。


gazou11 (2)アロマでリラックス

aroma_girl
アロマは、植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)利用することで、ココロとカラダのバランスを取り戻し、リラックス効果がある自然療法です。


鼻から入ったアロマの香りは、脳の視床下部へと伝わり、気分を落ち着かせ、自律神経やホルモンのバランスを整えたりします


おすすめのアロマは、心身のリズムを整えたり、緊張や不安を解きほぐしてくれる「ラベンダー」、不安・怒り・恐怖・緊張などをやわらげ、心を落ち着かせてくれる「カモミールローマン」、ストレスや緊張をやわらげ、心に元気を与えてくれる「オレンジスイート」などが心地よい眠りのためにおすすめのアロマです。


gazou11 (2)ハーブティーでリラックス

drink_coffee_tea_woman
ハーブティーの中でも、カモミールやラベンダー、ローズマリー、レモンバーベナといったハーブが、特に効果的だと言われています。これらのハーブには、リラックス効果や、眠りを誘う効果があることが認められています。


しかし、濃いハーブティーはせっかく寝付いたのに、尿意を感じて起きてしまうことがあるので要注意です。数種類がブレンドされているハーブティーは、カフェインが含まれるものが入っていないかをチェックするようにしましょう。


gazou11 (2)サプリメントを利用する

suppliment
生理前の不眠や動悸は女性特有の症状PMSです。PMS対策サプリメントは、女性ホルモンに作用するイソフラボンやγ(ガンマ)-リノレン酸で、生理前に減少するエストロゲンの分泌を高めてくれます。


エストロゲンの分泌が増えると、メラトニンという睡眠に入るためのホルモンの原料になり、眠りにつきやすくなります


食事と組み合わせて、サプリメントを利用し、足りない栄養素を補充していくのもいいでしょう。


おすすめは「ルナベリー」です。チェストベリーという、古くからPMSの改善に使われてきた成分を40mg配合しています。また、女性ホルモンのバランスを整える亜麻仁油を100mg、9種類のハーブをブレンドしてつくられたPMS用のサプリメントです。


2016-09-24_173030ルナベリーの詳しい情報をみる


004

school_sensei_kokuban_woman
PMSの症状は200種類以上あるともいわれ、人によって症状が違ってきます。眠気は、PMSの中でもほとんどの女性が経験しますが、同じ女性からも理解されにくいものでもあります。まずは生活習慣を見直し、規則正しい生活を取り戻しましょう。


しかし、日常生活に支障が出てしまう場合は一度、医療機関に相談し、適切な治療を受けることを視野に入れてもいいのではないでしょうか。


生理前の口内炎にビタミンサプリメントは効果的?

img_5d45385c961df70d9e32bc2d3beab613261119
生理前になると口内炎ができて痛い・・・こんな経験ありませんか?生理前に口内炎ができるようならPMS(月経前症候群)かもしれません。


PMSは生理のある女性の85%が経験するココロとカラダの不快症状の総称です。PMSの症状は200種類以上あるといわれ、口内炎もそのひとつです。


口内炎は一般的に、ビタミンB群をはじめとした、ビタミンの不足によって発症します。では、生理前の口内炎も同じなのでしょうか?


ここでは、生理前の口内炎の原因と対策法を紹介します。


001
2016-09-19_172723-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
前述した通り一般的にはビタミン不足により口内炎は発症します。また、口腔内の粘膜が何らかの理由で傷がつき、雑菌・細菌が付着して炎症を起こすことも口内炎の原因です。


さらに、疲れや食事の偏り、ストレス、睡眠不足、胃腸の働きが悪い等も口内炎の出来る原因といわれています。


では、生理前の口内炎はどうでしょう?生理前の口内炎の原因はホルモンバランスの乱れによって起こるといわれています。


生理前になると、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが乱れ特に口内炎ができやすいといわれています。特にこの時期はカラダが非常に多くのエネルギーを使うので、体力が消耗しやすいことも原因です。


また、ホルモンバランスが乱れると唾液量も減るので、口の中が乾燥しやすく、さらに口内炎ができやすい環境にもなります。


002
fruits_basket
結論としては「効果」は期待できます。生理前にホルモンバランスが乱れることで、口の粘膜が弱り細菌が侵入して口内炎が生じます。


したがって、ビタミンB1とB2が多く含まれる玄米や豚肉、うなぎ、レバー、納豆などを積極的に摂るようにいわれていますが、毎日これらの食品を摂ることは困難です。


そんな時にサプリメントなら手軽にビタミン補給ができ、口内の粘膜を丈夫に保つことで口内炎を予防することができます。


003
suppliment
ビタミンサプリメントも生理前の口内炎には効果的ですが、口内炎の原因がPMSならば、PMSの症状を緩和させることで、口内炎の症状も軽減することができます。


生理前は口内炎だけでなく、頭痛や腰痛、乳房の張り、イライラ、気分が落ち込むなど、さまざまな症状が現れるので、それらの症状の緩和にも効果が期待できます。


ですので、PMSで現れる症状が口内炎だけの人は「ビタミンサプリメント」、口内炎以外にも症状がある人は「PMS専用サプリメント」を摂ることが良いかもしれませんね。


⇒話題のPMSサプリメントはこちら


004
dumbbell_woman
口内炎にビタミンサプリメントやPMS専用のサプリメントは効果が期待できますが、普段から口内炎になりにくいような体質改善を行うことも大切です。


口内炎ができる一番の原因は、ビタミンバランスの崩れなのですが、実はこれを改善すると、他の原因に関係なく口内炎をできにくくすることができます。


ビタミンバランスを崩しがちな人は、食べ物の好き嫌いの多い人。また、食事内容が同じだったり、味付けが濃い、外食が多い人もビタミンバランスは崩れてしまいます。


つまり、食生活を改善しないでビタミン剤を飲んでいる、もしくは、ビタミンの吸収を阻害するものをたくさん食べていて、摂っているつもりでも吸収できていない、という状況が他のビタミンとのバランスを悪くしてしまっているのです。


それよりも、日々の食事に少し気を配ることにより、口内炎ができたとしても、すぐに治るような体質に変えることをおすすめします。


また、のぼせやむくみ、ニキビ、吹き出物ができやすい体質の人も口内炎ができやすいです。このような人は、刺激が強く、濃厚な食品、カロリーの高い食材を極力抑えましょう。


yakegui

チーズやチョコレート・ナッツ系や、ニンニク・動物性の脂身などです。でも、全く食べてはいけないということではありません。それらにも、ミネラルや必須ビタミンも含まれているので、食べる量を加減して、摂り過ぎないようにすることです。


菜食主義の人もビタミンバランスがとれていません。野菜には確かにビタミンがたくさん含まれていますが、肉などに含まれているたんぱく質を摂ることも重要です。


たんぱく質は、アミノ酸に変換されることで、体内に吸収されていきます。それらのアミノ酸は必須アミノ酸といって、体内で生成することのできない重要な成分です。そのため、たんぱく質を摂らないと、疲れがとれにくかったり、肌荒れの原因になります。


バランスの良い食事は、体にとってうれしい効果を発揮してくれます。すぐに体質が改善されるわけではありませんが、時間をかけてゆっくりと改善していきましょう。

生理前のつらい便秘と肌荒れ対策はこれ!

20140104choumomi
普段はお通じがあるけれど、生理前になると便秘がちになったり、お腹が張ったりすることありませんか?


便秘になると、肌の張りやツヤがなくなったり、ニキビ、肌荒れ、くすみなどのお肌のトラブルが起きがちなもの。


毎月訪れずれる生理。生理の諸症状に悩む女性は多くいますが、その中でも典型的な例として挙げられるのが「生理前の便秘」です。もしこのような症状があらわれるのならPMS(月経前症候群)かもしれません。


便秘が続くと肌荒れの原因にもなってしまいます。そんな生理前の便秘について、原因や解消法についてお伝えします。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の便秘の原因

生理前に便秘になってしまう原因は女性ホルモンの乱れです。女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモンがあります。


普段はこの2つの女性ホルモンが整えられていますが、生理前になるとプロゲステロン(黄体ホルモン)が卵巣からたくさん分泌されます。


この黄体ホルモンには、カラダをむくませたり、腸の動きを鈍らせたりする作用があるために、腸の壁もむくんで動きが鈍くなり、便やガスが滞りやすくなってしまうのです。


また、黄体ホルモンの影響で水分代謝も悪くなるため、普段よりも便が固くなり、余計にスムーズな便通が得られにくくなってしまいます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6便秘と肌荒れの原因

黄体ホルモンは、肌の皮脂分泌にも影響を与えるため、この時期は吹き出物やニキビなどの肌トラブルが起きやすくなる時期でもあります。


さらに便秘が続くと便から有害物質が発生したり、悪玉菌のエサとなって腸内環境を悪化させます。有害物質は腸壁から血液中に溶け出し、全身へ巡っていくことになります。


肌には汚れや余計な水分を排出する作用がありますが、そこに便秘が加わってしまうと、カラダの中の老廃物が排出されにくくなり、肌トラブルの原因となってしまうのです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の便秘の改善

生理前の便秘を改善することにより肌荒れも改善できます。なので、便秘を解消する方法をお伝えします。


○朝起きて冷水を飲む

d1ffb9db551e6b783d112eba363dc3f4-e1412927185377
朝起きてすぐに冷水を飲む方法は、意外と効果がある便秘解消法のひとつです。


私たちのカラダは寝ている間も水分が失われ、朝のカラダは水分不足です。朝起きてすぐに冷たい水を飲むと便秘だけではなく代謝が上がりやすくなり、健康や美容にも良い効果を得ることができます。


冷水を飲むことで、腸に適度な刺激を与えることになり、その刺激によって脳に信号が送られ、脳から便意を起こす命令が起き、腸のぜん動運動を促進します。


○食物繊維をバランスよくとる

Fresh vegetables

食物繊維は、野菜や果物で摂取量を増やすことも大切ですが、食品から十分な量の食物繊維を摂取するのはなかなか困難です。



最近は、飲料やスープに溶かして手軽に食物繊維がとれるファイバーサプリなども色々出ていますから、上手に活用してみるといいでしょう。


食物繊維の摂取量は、18歳以上の場合、女性は17g以上が目安とされています。便秘を解消するには、一日につき5g多く摂るのがおすすめです。例えば、りんごなら約1個、納豆なら1パックが目安となります。


○運動

shutterstock_144708991
運動不足は便秘の大きな原因のひとつ。とくに体力の低下などによって起こる弛緩(しかん)性便秘には、運動は大きな効果があります。なかでも効果的なのが腹筋運動です。


腹筋運動は腸の弛緩を改善するとともに、腹部の血行を促進して胃腸の働きを高めます。また、肛門に十分な圧力をかけて便を押し出すときにも腹筋力は必要です。さらに腹筋運動は自律神経のバランスを整え、気持ちよい排便を促します。


また、適度な運動をすると全身の血行が良くなり、運動の刺激でぜん動運動が起こりやすくなります。



生理前の脇汗を何とかしたい! | 原因と対策はこれ!

yaba327
生理前や生理中に汗が多くて困る・・・普段は脇汗も気にならないけど、生理前になると汗が増えて臭いも気になる・・・もしかして「自分だけ?」と心配になる人もいるかと思います。


悩みが悩みだけに他人に相談することも恥ずかしいですよね。でも、安心してください。多くの人が生理前には汗が増えると感じています。


今回は、生理前に汗が増える原因と対策を詳しくまとめてみました。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前のワキ汗の原因

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。女性のカラダはこの、2つのホルモンのバランスの変化によって、さまざまな働きをしています。


特に生理前になると、プロゲステロンが優位に働くようになります。プロゲステロンは妊娠ができるようにカラダを整えるのに必要不可欠なホルモンです。


カラダを妊娠しやすい状態にするために体温を上昇させます。体温が上昇すると当然、汗の分泌量が増えます。汗の量が増えると細菌がたくさん繁殖して臭いを発生させます。


ちなみにエストロゲンは、別名美肌ホルモンとも呼ばれ、美肌を高める効果や女性らしさや美しさには必要不可欠なホルモンといわれています。


女性ホルモンによって汗の量が増えるのは仕方のないことです。しかし、毎月訪れる生理の度に汗を気にしてもいられないですよね。そこで、ここからは生理中の汗対策を紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の汗対策!

脇汗止める画像
生理前に汗が異常に増えるのは、ルモンバランスが乱れていることが原因なので、基本的には一時的なものです。


簡単な対応法としては市販の汗脇パットを使ってみたり、汗を吸収しやすい服装にしましょう。制汗スプレーを使うことも効果的です。


それでも汗の量が多くて困る場合は、ホルモンバランスが大きく乱れている可能性もあります。そのような場合は婦人科でホルモン補充療法が効果的ですが、自律神経に悪影響を及ぼすこともあります。


ホルモンバランスを整えるなら、食生活を見直してみましょう。おすすめは、納豆・豆腐・豆乳など大豆に含まれている大豆イソフラボン。


大豆イソフラボンは、汗を抑える女性ホルモンである「エストロゲン」と似た科学構造をしていますので、汗を抑える効果が期待できます。さらに、美肌にも効果的と女性にとっては嬉しいことばかりです。


⇒ホルモンバランスを整えるサプリメントはこちら


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

生理前に汗が増える原因は、女性ホルモンのひとつプロゲステロンの分泌量が増えることでした。


生理がある女性だけでなく、45~55歳の間に始まる「更年期障害」でもホットフラッシュなど汗をかきやすいカラダになってしまいます。


プロゲステロンの増加は多汗だけでなくイライラや肌荒れも引き起こすので、体質を改善しホルモンバランスを整えることが大切です


最近はホルモンバランスを整えるサプリメントもたくさん販売されていますので、それらを上手に摂りながらプロゲステロンに負けないカラダを作っていきましょう!


生理前に起こる貧血の原因と対策

貧血
生理前や生理中に、クラクラ~っと立ちくらみがしたり、ふらついたりした経験、ありませんか?女性の体調の良し悪しは生理周期に左右されやすいものです。


特に生理前はホルモンバランスの変化が激しく、ココロとカラダに不調が現れます。生理前の貧血もそのひとつです。ここでは生理前の貧血の原因と対策をご紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の貧血の原因は?

生理前の貧血は、血液が子宮に集まることで、本来脳に行くはずの血液の供給量が減ってしまうために起こるとが原因です。


生理前に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンがたくさん分泌され、妊娠・出産に備えたカラダづくりが始まります。子宮にはたくさんの栄養や血液が必要になるので、本来なら脳に行くはずの血液まで子宮周辺に集まり、脳への血液供給量が減少します。


その結果、めまいや立ちくらみなど貧血の症状が現れるのです。この局所的な貧血は「虚血性貧血(きょけつせいひんけつ)」といわれ、出血などで体内の鉄分が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」とは異なります。


虚血性貧血の症状は一時的で、生理が終われば治まります。そのため、一般的な貧血ほど心配はしなくても大丈夫です。


また、「男性ホルモン」の量の違いも影響しています。男性ホルモンは血液を新たにつくる指令を活発に出します。そのため、男性ホルモンが多いと、貧血になりにくいのですが、女性はこの男性ホルモンが少ないため貧血になりやすいといわれています。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の貧血の対策方法は?

生理前から生理中にかけて起こる虚血性貧血は、生理が終われば血液が全身にくまなく血液が回るようになるので、過度に心配する必要はありません。しかし、日頃の生活を見直すことで症状を軽減させることは可能です。


○鉄分を摂りましょう

hemu_sozai
貧血の予防には普段の食生活で「鉄分」を摂ることをおすすめします。鉄分は血液中で酸素を運ぶヘモグロビンを作るために不可欠な栄養素。ヘモグロビンがたくさん作られれば、血流が少なくなっても十分な酸素を運んでくれて貧血症状が現れにくくなりますよ。


鉄分は、肉や魚に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や果物に含まれる「非ヘム鉄」の2種類に分類されます。ヘム鉄のほうがカラダに吸収されやすい特徴があるので、ヘム鉄を豊富に含む牛モモ肉や豚モモ肉などを積極的に食べましょう。レバーもヘム鉄の含有量が多いのでおすすめです。


また、カラダに吸収されにくい「非ヘム鉄」でも、ビタミンCや果実酸、動物性タンパク質と一緒に摂ると吸収率が高くなります。できれば食事のなかに、小松菜やほうれん草、プルーン、大豆といった非ヘム鉄を多く含む食材を摂りいれてみてください。実は、タンパク質やビタミンCは鉄の吸収をアップさせる栄養素なんですよ。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

もし、生理前に貧血が起こった場合、安静にすることがいちばんの対処法です。貧血が起きる原因は血の流れが偏ってしまい、脳に届く血の量が減少しているので、カラダを休めて血の巡りをよくしましょう。


そのときは、カラダを締め付けているベルトやボタンをゆるめ、ベッドやソファに横になるか、外出先なら椅子に座って休むようにしてくださいね。


生理前のほてりを解消する2つの方法!

ほてり01
生理前になると暑いと感じたり、カラダがほてったりしてのぼせる・・・そんな女性も少なくないのではないでしょうか。女性特有の生理前の不調。


生理前のほてりは妊娠の前兆の可能性もあり判断が難しいものです。


そもそも、なぜ生理前になるとほてりを感じるものなのでしょうか?ここではそんな、生理前のほてりの原因とほてりを解消する方法を紹介します。


gazou11 (2)生理前のほてりの原因はホルモンバランスの影響

生理前に暑いと感じたり、ほてったりするのは、PMS(月経前症候群)の症状のひとつだと考えられています。


女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンがあります。普段はこのバランスが整っているのですが、生理前になるとホルモンバランスの乱れが生じます。


2016-05-15_091316
プロゲステロンには、女性のカラダを妊娠に適した環境に整える作用として、体温を上げる働きがあります。生理前はプロゲステロンが多く分泌されることから、生理前に微熱やだるさ、ほてりという感覚をもつ人が多くなるのです。


また、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌は脳の視床下部から下垂体を通じて卵巣で行われます。


視床下部には自律神経があることから、ホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れやすくなります。生理前にホルモンバランスだけでなく自律神経のバランスも乱れてしまうこともほてりの原因です。


gazou11 (2)生理前のほてりを解消するには?

ほてりを感じるとカラダを冷やしたくなりますが実はNGです。特に「薄着」や「冷たい飲み物」は避けましょう。カラダが冷えると血行が滞り、さらに症状が悪化する可能性もあり逆効果になります。


では、どうすればよいのでしょうか?


○前頭部を冷やす

Businesswoman Lying Down with Cold Pack

生理前のほてり解消には「前頭部」を冷やすことがおすすめです。 前頭部を冷やすことで、体温が落ち着き血流を穏やかにするので、眠りやすい状況にもなります。カラダがほてって眠れないときは試してみてください。


○カラダを温める

足浴
「カラダがほてっているのに温めるって何?」と思いますが、実は月経開始とともにカラダは冷えやすくなるので冷え性になりやすくなります。ですから、冷え性を防ぐためにも、全身ではなく足先を温めるなどしてカラダを温めることが大切です。


gazou11 (2)まとめ

生理前のほてりは、プロゲステロンの影響で体温が上昇しますが、生理が始まると体温は下がり始め、生理が終わるとエストロゲンの方が多くなります。


そのため、生理後は体温が下がり落ち着いていきますので、それ程心配しなくても大丈夫です。