食べたくて仕方ない!PMSの過食にガンマリノレン酸が効果的!

cc500f15f864264f1a4dce2e765e27b0
過食となる原因はさまざまありますが、生理前になると食べたくて仕方ない!そんな悩みを持つ女性も少なくありません。


月経前症候群(PMS)になると、女性ホルモンのバランスが乱れてココロとカラダの両面においてさまざまな症状が現れます。そんな症状のひとつとして、食欲を抑えられなくなる「過食」があります。


011

syokuji_kasyokusyou
生理前になると過食になる原因は、女性特有のホルモンの影響です。女性のカラダには卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つのホルモンによってコントロールされています。


エストロゲンは、女性らしいカラダをつくり、子宮に作用し妊娠に備えて子宮の内膜を厚くする、女性らしさをつくるホルモンです。


一方、プロゲステロンは、受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態にととのえ、妊娠後は妊娠を継続させる働きをする 、妊娠を助けるホルモン


生理前になると、プロゲステロン分泌量が急増し、水分の代謝や脳内物質に影響をもたらすため、心身が不安定になりがちです。


その結果、ストレスが溜まりやすくなり、過食を引き起こしてしまうと考えられています。


また、精神を落ち着かせる効果があるセロトニンが不足すると感情が安定せずにイライラしやすくなり、ついつい食べ物に手が伸びてしまうというわけです。


012

simple_summer_food
PMSによる過食を予防するためには、セロトニンの量を増やすことが効果的です。セロトニンは、脳の機能を安定させるために重要な役割を担っている神経伝達物質のひとつです。


セロトニンを増やすには、必須アミノ酸の1種であるトリプトファンを摂取することが効果的と言われています。


トリプトファンが含まれている食材は、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品や、豆腐・納豆・しょうゆ・味噌などの大豆製品。

さらに、カツオ・マグロなどの魚類、アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類、バナナや小麦胚芽、卵などにも多く含まれています。


しかし、トリプトファンをセロトニンに変換するためには、ビタミンB6やビタミンB12が必要です。上記の食材と一緒にビタミン類を摂ることをおすすめします。


013

suppliment
セロトニンを増やすにはトリプトファンが大切だと言うことは、分かったと思いますが、毎日、これらの食材を食べようとすると大変です。


そこで、サプリメントで摂取するのもひとつです。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌は、セロトニンの分泌と比例関係があると言われています。つまり、生理前にエストロゲンが減ってしまうと、セロトニンも一緒に減ってしまうのです。


月見草オイルには、γ(ガンマ)-リノレン酸を豊富に含んでいるので、生理前に減少するエストロゲンの分泌を高めてくれます


エストロゲンの分泌が増えれば同時にセロトニンの分泌も増えるので、PMSによる過食の予防や改善に効果が期待できます。


gazou11 (2)おすすめサプリメント

2016-09-24_170500
PMSによる過食を予防したいなら、女性のミカタ「やすらぎ編」」がおすすめです。女性のミカタ「やすらぎ編」の主な成分は、月見草オイル330mg、ラフマ葉エキス30mg、大豆イソフラボン20mgと言った、3種類の素材に、ビタミンB6 10mgなどの栄養素を配合して作られています。


月見草オイルの配合量は、他のPMSサプリメントと比べても圧倒的な配合量です。


2016-09-24_173030女性のミカタ「やすらぎ編」を見てみる


004

school_sensei_kokuban_woman
PMSの症状は、まさに十人十色ですが症状が重くなる方は、真面目で細かいことを気にしやすい性格や、ストレスが溜まりやすい環境・食生活のバランスが悪いことが挙げられます。


つまり、この反対の生活をするように心掛ければ、自然と症状は緩和するということです。


また、適度な運動や好きなことを見つけるなど、ストレスを発散できる環境をつくりましょう。自律神経を整えて気持ちが楽になる効果がありますよ。


生理前の過食 | ダイエットの成否を占う魔の1週間

cc500f15f864264f1a4dce2e765e27b0
生理前になると、「食べたばかりなのにすぐ何か食べたくなる」「いつもよりたくさん食べてしまう」「無性に甘いものなどが食べたくなる」といったことがありませんか?


食欲を無理に抑えようとするとストレスが溜まるし、好きなだけ食べると体重が増えてしまう…。ダイエット中の女性にとっては辛い時期です。


過食となる原因はさまざまありますが、気持ち悪くなるほど詰め込むように食べてしまったり、食事を摂らずに甘い物ばかり食べたりといった極端な食行動の異常は、PMS(月経前症候群)の症状のひとつかもしれません。



PMSは月経前症候群とも呼ばれ、女性が生理になる3日~10日前頃に起きる不快な症状のことです。PMSは生理がある女性の約85%が経験し、頭痛や腰痛を感じたり、肌荒れが起こる方もいます。


また、イライラしやすくなり、相手に攻撃的になったり、意味もなく落ち込んだり泣きたくなったりと、ココロとカラダに不調を感じる症状のことです。場合によってはココロとカラダの不調が同時に起こる人もいます。


ここからは生理前の過食について掘り下げてみたいと思います。


gazou11 (2)生理前の過食の原因って何?

2016-09-19_172723-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
PMSの原因はまだはっきりと解明されていませんが、生理前の過食の原因としては、黄体ホルモンの影響があると考えられています。


女性の生理前はカラダが妊娠の準備をしている期間です。生理の1週間くらい前には排卵が起こり、それに伴って黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。


黄体ホルモンは水分の代謝や脳内物質に影響をもたらすため、心身が不安定になりがちです。その結果、ストレスが溜まりやすくなり、過食を引き起こしてしまうと考えられています。


さらに、プロゲステロンは過剰に分泌されるとい血糖値も下げてしまいます。、血糖値が下がると空腹中枢が刺激され食欲が高まります。ただでさえ脂っこい物や甘い物の欲求が強くなっている上に食欲が増すとなると・・・これが「過食」につながるわけです。


gazou11 (2)セロトニンの減少

セロトニンは精神を落ち着かせる効果があるといわれ、通称「幸せホルモン」とも呼ばれています。このセロトニンですが、生理前の2週間の黄体期には、黄体ホルモンが減少すると共に、脳内の神経伝達物質のセロトニンの生成も減少します。


精神を落ち着かせる効果があるセロトニンは、不足すると過食の原因にもなります。セロトニンが不足することによりストレスがかかりその結果、精神を落ち着けるために食べ物に手が伸びてしまうともいわれています。


gazou11 (2)生理前の過食を抑えるには

食欲は人間の三大欲求のひとつで、それを押さえ込もうとするのは並大抵のことではありません。でも、ダイエット中の人などは、生理の度に食べ過ぎてしまっては元も子もありませんよね。


そこで、簡単にできる過食を抑える方法を紹介します。


1.においをかぐ

aroma_girl
「食欲」と「におい」には深い関係があり、この嗅覚をコントロールすることで過食を抑えることができます。


「食欲抑える」ということにとても役に立つのは「アロマ」です。アロマのにおいは精神を落ち着かせる効果があります。精神が落ち着くということは「食べたい!」という欲求も落ち着くということです。


「レモン」や「オレンジ」、「ベルガモット」、「グレープフルーツ」という柑橘系のにおいは、食欲を抑えるのにとても役立ちます。


2.イソフラボンで防止

food_tofu_shimadoufu
PMSの症状を緩和させることができれば、過食防止への最短ルートになります。イソフラボンにはエストロゲンを調整し、ホルモンバランスを整えようとする作用がありますので、PMSの症状緩和にも役立ってくれます。


イソフラボンを効果的に摂取するためには大豆がいちばんです。大豆をそのまま食べなくても納豆や豆腐などの加工食品からでもイソフラボンは摂取することができるので、さまざまな形で食事に摂りいれるようにすれば飽きることなく摂取が可能となります。


3.おやつは和菓子

free-illustration-japanese-confectionery-01
「甘いものがどうしても食べたいっ!」どうしても我慢できない場合は「和菓子」を食べてみて下さい。


和菓子の原料には小豆、サツマイモ、栗、黒糖などを使っています。小豆には鉄分、マグネシウム、サポニン、ビタミンC、Eなどカラダに良い成分がいっぱい含まれています。


特に鉄分やマグネシウムはPMSに必須な、イライラを抑える成分です。また、サポニンは水分を排出しむくみを抑え、ビタミンCは肌荒れを防止してくれる抗酸化作用があります。


サツマイモに含まれているクロロゲンという成分は糖分の吸収を抑える働きをするので、
血糖値の安定にも良いのです。食物繊維やカリウムも含まれているのでむくみや便秘の人にも効果があります。


黒砂糖は、ビタミンが豊富なうえに、カリウム、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどミネラルがたっぷり。


ただし、食べ過ぎには注意してくださいね。


4.サプリメントを使う

suppliment
生理前の過食はPMSの症状のひとつだと考えられます。チェストツリーが女性特有の症状に効果的なのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の増加によりホルモンバランスが崩れその結果、心身が不安定になり、さまざまなトラブルが起こります。


チェストツリーのエキス(チェストベリー)には、黄体ホルモンの分泌を正常化する作用があります。また、チェストツリーに含まれる脂肪酸やフラボノイド、アルカロイドといった成分には、ホルモンバランスを整える働きがあります。そのため、PMSの症状の緩和にも効果が期待できます。


⇒チェストツリー配合PMSサプリメントはこちら