生理前のイライラや腹痛にプラセンタは効果的?

Portrait of stressed young woman
生理前になると決まってイライラや腹痛、便秘などの症状に悩まさせる女性も少なくありません。このような症状は女性特有のPMS(月経前症候群)かもしれません。


PMSは生理の3~10日間くらい前から現れるれることが多く、女性の85%が経験しているといわれ、そのうち約40%の人が「仕方ない」「我慢するしかない」とあきらめています。


原因が分かれば対処することも可能です。ここからは、生理前のPMS症状に効果的なプラセンタの作用などを解説して行きたいと思います。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理の不快症状が起こる理由

始めに生理前ですが、生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が増えます。このプロゲステロンは女性の妊娠準備を整える働きを持っています。


しかし、受精と着床が起こらないと急激に分泌量が減ります。この分泌量の変化で自律神経のバランスが乱れ、イライラや憂鬱、頭痛などの不調を引き起こします。


次に生理中ですが、生理が始まって1日~3日くらいの間は下腹部が痛くなることがあります。この原因は、子宮を収縮させる物質(プロタグランジン)の分泌量が増えるためです。


このプロタグランジンには、人間が痛みを感じる閾値(いきち)を下げて痛みを感じやすくさせる作用と炎症を引き起こす作用があります。これが「生理痛」です。


最後に生理が終わる頃ですが、この時期は腰痛や冷えなどの症状が起こることがあります。この原因については「腰周りの血行の流れが悪くなるため」です。


痛みや症状が軽い場合はお風呂に入ってカラダを温めたり、軽い運動をしたりして血行を良くすることで改善できます。また、冷たい物を食べるのを控えることも改善につながります。


ここからは生理前に効果的なプラセンタを紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6プラセンタ注射

chusha
プラセンタ注射は医療機関で行われる治療法です。

プラセンタの代表的な効能に「ホルモンバランスを整える働き」があります。ホルモンバランスが整えられると、自律神経が正常になり、生理前の頭痛やイライラ、憂鬱感といった不快な症状を抑えることができます。


さらに、血行が良くなれば生理中・生理後の腰痛や冷えなどの症状が緩和されます。また、女性が気になるニキビや肌荒れなどの肌トラブルの改善も期待できます。


ここで注意しておかなければならないことが、更年期障害、肝機能障害に対するプラセンタ注射は保険適用となりますが、PMSの治療目的の場合は自由診療となり1本2,000円程度で受けられます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6プラセンタサプリメント

5-550x413
プラセンタサプリメントにもホルモンの分泌を促して、ホルモンバランスの乱れを整える作用があります。


また、自律神経を整え、代謝もよくなるといわれています。 そのためPMSや生理痛、更年期など女性特有の悩みを持つ人に多く飲まれています。


PMSの症状を緩和するには食事に気をつけたり、運動したり・・・といろいろありますが、毎日忙しい日々を過ごしていると、わかっていてもなかなか難しいですよね。


サプリメントなら毎日寝る前や朝起きてすぐに1粒飲むだけで、体内環境を整える働きをしてくれるので、無理なく続けられます。


さらに、プラセンタ療法よりも副作用は極めて低いので安心して使うことができるのも魅力のひとつです。


⇒愛用率83%のプラセンタはこちら


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

毎月訪れる女性を悩ます諸症状。月の半分がココロとカラダの不調では楽しくありませんよね。


仕方ない・・・我慢するしかない・・・と、あきらめる前にプラセンタを試してみてはいかがでしょうか。


症状が緩和されればココロもカラダも軽くなり、楽しい毎日が過ごせるかもしれませんよ。


PMSの治療 | 適切な治療でPMSは改善できる!

kounen54
PMS(月経前症候群)は月経 (生理)の3~10日位前から起こるココロやカラダの不調で、排卵を境に変動する2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンが影響してPMSを引き起していると言われています。


月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていのがPMSの特徴です。女性の8割が月経(生理)の前になんらかのPMSの症状を抱えていると言われていますが、まだPMSという名前の認知度は低く、知らずに悩んでいる人もたくさんいるようです。


PMSの不快な症状は200種類以上とも言われるほど多く、人によっても、その月によっても症状の種類や程度に大きく違いがあるようです。


そして4割の女性が「生理前だから仕方がない」「我慢するしかない」と対策や治療をしていない現状があります。症状を緩和する選択肢のひとつとして「治療」があることをここでは紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6婦人科や心療内科

一般的にPMS(月経前症候群)の治療を開始する際にはまず、血液検査からという病院がほとんどです。この際の血液検査は、保険の適用外で、約一万円くらいが相場のようです。


血液検査をしてホルモン値や他の病気や疾患などの有無等を調べるところから入り、それぞれの人に合った治療を開始するという方法です。


婦人科では低用量ピル、心療内科や精神科では抗うつ薬、精神安定剤などの精神薬が処方されます。低用量ピルは高い避妊効果があるので、避妊の目的として使われることも多い薬ですが、PMS(月経前症候群)の治療においても高い効果を発揮してくれる薬です。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6漢方薬をつかった治療

東洋医学においては、「気・血・水(き、けつ、すい)」のバランスが乱れていると心やカラダに不調が現れると言われています。つまり、ホルモンの変化とあなたの体質や、そのときどきの体調が原因にあるという考えです。


特にPMSの症状は、「血」がアンバランス状態であるとされます。あなたの体質にピッタリ合った漢方薬が処方されると、症状が良くなっていくことが多いようです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6サプリメントで治療する栄養療法

栄養療法とは、サプリメントによってPMS症状の改善を図る治療法です。PMSの原因であるホルモンバランスの乱れは、特定の栄養素の不足、および低血糖に起因している不足しがちな栄養素を人工的に補給します。あわせて、症状改善に有効な食事指導も行います。


流れとしては、血液検査を行い「隠れ貧血(=潜在性鉄欠乏性貧血)」の有無を調べ、ヘム鉄などのサプリメントの処方をしてくれます。隠れ貧血が強いと、将来不妊症になる可能性があります。実際にPMS患者の数値を計ると、著しい鉄分の不足が見られます。


一般的な婦人科などでPMSの診療をする際には、こうした数値を確認することはできないため、栄養療法を専門的に行うクリニックで診察を受けましょう。



「病院へ行く時間がない」「病院は抵抗がある」そんな人にはPMS専用サプリメントがおすすめです。実質無料で始められる話題のPMSサプリメント『ルナベリー』