生理前の不安・情緒不安定を改善する4つの方法

176-127_3x2
生理前になるとこんな症状ありませんか?

2016-06-22_213340涙もろくなる
2016-06-22_213340無気力になる
2016-06-22_213340理由もなく憂鬱になる
2016-06-22_213340ちょっとしたことで死にたくなるほど落ち込む
2016-06-22_213340イライラしやすくなる
2016-06-22_213340否定的、悲観的になる

このような情緒不安定な状態になった場合、何事にも前向きになれず、ネガティブなことばかりを考え、さらに不安が増していきます。「私って病気?」と心配になる人も少なくありません。


もし、生理前に情緒不安定になる場合はPMS(月経前症候群)と呼ばれる女性特有の症状かもしれません。


PMSは生理前に現れる「ココロ」と「カラダ」の不調です。情緒不安定はココロの不調症状のひとつです。今回は情緒不安定の症状について理解を深め、改善策を見つけていきます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前の情緒不安定の原因

生理前の情緒不安定な状態はパートナーや友人、家族にも理解してもらえないことが多く、悩んでいる人もいます。


では、なぜ生理前になるとこのような症状が現れるのでしょうか。先ほどPMSの症状と言いましたが、現在の医学では明確な原因は解明されていません。しかし、生理前に起こるホルモンバランスの乱れが有力といわれています。


女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンがあり、妊娠や美容・健康など、さまざまな働きをしています。


この2つのホルモンは、絶妙なバランスで保たれていますが、生理前になるとバランスが乱れてしまいます。それが生理におけるカラダやココロなどに影響を与える不調となって現れることがあります。


2016-06-28_165807

ホルモンバランスは生活習慣の乱れやストレスからも乱れやすいものです。生理周期とココロとカラダの変化を把握し、生活習慣を見直すことが、改善の第一歩です。


生理前の情緒不安定を改善する4つの方法

○食生活の見直し

Woman holding hamburger.

1日3食、しっかりと食べることが大事です。特に朝食は一日のエネルギー源。朝食を食べない人が多くいますが、脳がエネルギー不足になり集中力がでなく眠気を感じたりイライラして症状が悪化します。


バランスの良い食事が基本ですが、特に積極的に摂りたい食材が大豆製品です。納豆・豆腐・豆乳などには大豆イソフラボンが含まれています。


この大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があり、イライラや情緒不安定を解消するビタミンB群が豊富に含まれています。


逆にカフェインは神経を過敏にしてしまうので、摂り過ぎには注意しましょう。


○運動

5123967968_a7f2fe29cb_b
運動をする人は、運動をしな人よりもPMSの症状が軽いといわれています。これは運動することで血行が良くなり身体的症状が緩和されるからです。また、ストレス解消になることも要因です。


おすすめの運動はウォーキングやヨガなどの有酸素運動です。激しい運動は神経を高ぶらせてしまうので避けましょう。


できれば週に3回以上、30分から1時間ほど運動することが理想的ですが、仕事や家事、育児で忙しい人には軽いストレッチをするだけでも効果的なので、無理をしないで続けることを心がけてください。


○入浴

p4_ttl
入浴するとカラダはリラックスし、交感神経が副交感神経に切り替わり精神安定をもたらしてくれます


入浴の際は熱めのお湯は避けましょう。熱めのお湯(42度以上)では交感神経が高ぶって、脳を刺激してしまいます。入浴後も交感神経の高ぶりは続きますので、脳が冴えて眠れなくなってしまいます。


理想はぬるめのお湯(38度前後)で半身浴をし、汗が出るまで20分ほどゆっくり入りましょう。誰にも邪魔されない、あなたが一番リラックスできる方法で入浴を楽しみましょう。


○サプリメントを利用する

niki66
PMSの症状を和らげる必要な栄養素をサプリメントで補給するというのも効率的です。イソフラボン、月見草オイル、ビタミンB群など日常の食事では十分に摂れない栄養素もサプリメントなら簡単に摂取することができます。


⇒PMSサプリメントランキングはこちら


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

生理前の情緒不安定は、女性なら誰でも経験することですが、誰にも言えないのが現実です。


生理前の一時的な症状とは言え、毎月だとつらいですよね。パートナーや家族の強力も大切ですが、あなた自身で症状を緩和・改善することも可能なので、できることからやってみてください。


だるい!疲れやすい!その原因もしかしてPMSかも!?

shutterstock_145816013
最近なんだか疲れやすい・・・
しっかりと寝たはずなのに眠いし何だかだるい・・・


このような症状は誰にでも起こることで、以外にそのままにしている人も少なくありません。だるさや眠気は日常生活の過労やストレスなどが原因で起こる場合がほとんどですが、生理前に起こるのなら、もしかしてその症状はPMSかもしれません。


PMSは月経前症候群とも呼ばれ生理がある女性特有の症状です。症状としては以下のようなものがあります。


2016-05-15_091138

これは基本的な一例で、実際にはPMSには200以上の症状があると言われています。


PMS(月経前症候群)とは女性が生理になる3日~10日前頃に起きる不快な症状のことです。PMSになった女性は、頭痛や腰痛、疲れ、だるさを感じたり肌荒れが起こるなど、カラダの症状が現れます。


また、イライラしやすくなり、相手に攻撃的になったり、意味もなく落ち込んだり泣きたくなったりするココロの症状も同時に現れることもあります。


PMSは生理が始まると軽減し自然に消失することが特徴です。ですので、特に治療などの対策を取らない人もたくさんいます。しかし、毎月訪れるこのような症状を緩和することで精神的にも身体的にも楽に過ごすことができます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSが起こる原因

PMSの原因ははっきりとわかっていませんが、一般的には女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスが乱れると言う説が有力です。


エストロゲンは、排卵の準備をおこなう役割をもっているホルモン。そして、プロゲステロンは、妊娠を助ける役割があるホルモンです。どちらも女性にとっては大切なホルモンですが、生理が始まる3~10日前の時期に分泌量が変わります。


この分泌量の変化がPMSの症状につながっているのでは?と言われています。


ホルモンバランスが乱れることにより身体が水分をためこみ、むくみやすくなります。それが乳房にたまれば乳房の痛みに、頭にたまれば頭痛、また水分がたまると、カラダ全体がだるく感じることもあります。


さらにホルモンバランスが乱れると、脳内の「セロトニン」という物質が低下し、うつ症状やネガティブ思考など気持ちが不安定になります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSに対処していくためには

PMSや生理痛がひどい場合には鎮痛剤や婦人科で低用量ピルを処方してもらう方法があります。これらの薬にはつらいPMSや生理痛を緩和させるという効果もありますが、副作用があることを忘れてはいけません


副作用もすべての人に同じような症状が現れるわけではありませんが、PMS自体は病気ではなく女性として正常な機能が働いている証拠であるため、リスクを伴ってまで薬に頼ったPMS対策を行うことは不自然とも言えます。


では、どうしたら良いのでしょうか。正常な機能と言うことは「やっぱり我慢するしかない」と考える人もいらっしゃると思います。


薬による副作用が心配、でも我慢もしたくない、そんな人にはPMS専用サプリメントがおすすめです。PMSの治療薬にも使われているチェストベリーを始め、女性ホルモンのバランスを整えたり、生理中に欠乏しやすい栄養を豊富に含んだサプリメントが販売されています。


サプリメントの最大のメリットは”副作用のリスクが極めて少ない“ということです。


生活習慣の改善と同時に行うことでPMS対策に効果が期待ができるので、一度試してみてはいかがでしょうか。


⇒リピート率93.2%のPMSサプリメントはこちら



自律神経失調症の治し方とサプリメント

8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s
女性特有の体調不良PMS(月経前症候群)。ココロやカラダにさまざな症状が出て、毎月つらい経験をしている方が多いと言われています。 このPMSが引き起こすあらゆる症状と自律神経失調症が原因で起こる症状が似ているため医療機関でも判断は難しいようです。


PMSは生理が始まる3~10日前ほどから現れる症状で、腹部や乳房の張り・頭痛・むくみ・体重増加・食欲の亢進・睡眠不足などの身体的な症状が多く出ます。


また、精神的な症状として、憂うつ・緊張や不安などの症状が出ます。


これらの原因は女性ホルモンに関係があるとされており、日常生活で女性ホルモンなどのバランスが崩れるとPMSなどの症状が出てしまうといわれています。


では、自律神経失調症を治す方法はあるのでしょうか。ここからは自律神経失調症の治し方と効果が期待できるサプリメントを紹介していきます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMS(月経前症候群)と自律神経失調症の関係

自律神経は大きく2つに分類され、交感神経と副交感神経と呼ばれる2つの神経のバランスが保たれることで人体の健康を維持しています。自律神経は内臓器官や血管、リンパなどに広く分布している神経で、消化吸収や排泄、呼吸や内分泌など人間が生きている上で必要不可欠な機能を無意識の内に調節する役割を持っています。


この2つの自律神経の働きが正常でなくなると、交感神経が長く働きすぎて緊張が続いてしまい疲れやすくなるなど、うつや自律神経失調症と言われる疾患の症状が現れます。


女性のカラダのホルモン分泌は生理周期に合わせて日々変化しています。女性の合、PMSの症状が出やすい傾向にある人は、実は自律神経失調症になりやすいという調査結果もあるのです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症は特に女性に多くみられる症状ですが、全身的な身体の不調と言う点ではPMSなどと同じ症状が出る可能性があります。


症状としては頭痛・耳鳴り・口の渇き・目のかすみなどの頭の部分から、全身としては心臓・呼吸器・消化管・筋肉や関節などさまざな場所に不調が出ます。また、肉体的な不調だけではなく精神的な症状も現れるので、自律神経失調症といっても人それぞれ違う症状となります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6自律神経失調症の治し方

自律神経失調症を引き起こす原因は、何といってもストレス!体質的、性格的な素因を持っていない人でも、その人の限度を超えるストレスがかかると、自律神経のバランスが乱れ発症しやすくなります。


治し方としてはストレスをためないことですが、私たち現代人にとって、ストレスを避けることはできません。避けられな以上、私たちはストレスと上手に付き合っていかなくてはなりません。


ストレス解消法としては

1.大声で歌う
2.紙に書き殴る
3.運動する
4.思いっきり泣く
5.壊す
6.ガムを噛む
7.仲の良い友人と過ごす
8.部屋の掃除・模様替え
9.自分に都合よく解釈してしまう
10.瞑想する

などを試してみましょう。


人間はストレスに耐えられる器の大きさというのが決まっています。どんな人でも延々とストレスをためておくことはできません。日頃から少しずつでも良いのでストレスを発散させる機会をつくることが大切です。


⇒ストレスから解放!カラダに優しいPMSサプリメントはこちら


産後にPMS症状がひどくなった! | その原因と対処法は?

52669_original
産後のPMSがひどくて困っています・・・こんな経験ありませんか?出産前はPMS症状や生理痛もそれほどなかった人が、産後から寝込むくらい体調を崩してしまう。


特に、精神面がひどく、必要以上にストレスを感じ、頭痛、吐き気のある嫌悪感、背中の痛み、憂うつ、イライラ、落ち込みがひどく、人に会うのも嫌になるほどPMSがひどく現れる人もいるほどです。


PMSは、生理前の3日~10日前後にイライラや精神的に不安定になったりするココロの症状や腹痛や頭痛、吐き気など、カラダの症状が現れる人がいます。


女性ホルモンの影響で起こるといわれるPMSですが、産後は生活環境が一気に変化するので、ストレスなどの影響を受けやすくPMSが悪化するともいわれています。


産後に起こるPMSはストレスをコントロールできれば、劇的に回復します。ここでは、育児に忙しい女性にも隙間時間でストレスを解消できる方法を紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6ゆっくりとお風呂につかりましょう

p4_ttl
お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。


また、お湯に浸かるとカラダが温まります。これが温熱作用です。温熱作用は毛細血管や皮下の血管を拡張し血流をよくしてくれます。それにより、体内の老廃物や疲労物質の除去、コリがほぐれていきます。さらに、自律神経をコントロールする作用もありますので、シャワーだけで済ませずにお風呂にゆっくりと入れる時間をつくってくださいね。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6アロマで気持ちをリラックス


イライラ解消効果のあるアロマのなかでも、とくに代表的なアロマを3種類紹介します。


○クラリセージ

s_shutterstock_196611344-min
ほんのり甘さのある、草木の香り。高さ1メートルにもなるシソ科の多年草から作られています。この精油には、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た構造を持つ「スクラレオール」と呼ばれる成分が含まれています。これがホルモンバランスを整えてくれ、PMSを和らげたり生理周期を整えたりしてくれます。


○ゼラニウム

5019b8ab44b8d3fcae58aae232d4d608-480x320
ローズのような華やかで甘い香り。ホルモンバランスを整え、生理前のイライラを解消したり、カラダのむくみを解消したりといった効果があります。また、皮脂の分泌を整えるなど美肌効果も。


○イランイラン

04201654_5534b0c8e6eba
熱帯地方に咲く花から抽出されています。エキゾチックな花の香りが特徴。緊張感を取り除いて気分を高め、幸福感をもたらす効果があります。また、古くから媚薬にも使われるほど官能的な香りであるため、女性ホルモンの分泌を活発にし、女性の生殖機能を高めたり、セクシーな気持ちにさせる効果も。


クラリセージとゼラニウムはブレンドして使うのもおすすめです。これらの精油で女性ホルモンをうまく整えることができれば、気分が落ち着きイライラも解消できますよ。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

一番の薬は休息を取ることに他なりません。赤ちゃんが寝たタイミングで、自分も一緒に眠むれるように努力してみましょう。精神を安定させる、ハーブティやアロマなどでリラックスしてみるのも、効果があります。


そんなことで?というような小さなきっかけで、産後のPMSが軽くなりますので、自分なりの休息の方法を模索したいものですね。


⇒イライラ解消に効果的なPMSサプリはコチラ


PMS症状に効果的な薬は? | PMSに心当たりがある方必見!

Frustrated and stressed angry Chinese woman pulling her hair with hands
毎月、頭を悩ませるココロとカラダのトラブル「PMS(月経前症候群)」。女性の85%が経験している女性特有の症状です。生理前になるとココロとカラダにさまざまな症状が現れ生理が始まると軽減、もしくは消失するのが特徴です。


2016-05-26_150615頭痛・腰痛・腹痛
2016-05-26_150615下痢・便秘
2016-05-26_150615肩こり
2016-05-26_150615食欲不振
2016-05-26_150615眠れない
2016-05-26_150615カラダがだるい・疲れやすい
2016-05-26_150615気分が落ち込む
2016-05-26_150615意欲がなくなる
2016-05-26_150615不安・焦り・イライラ感
2016-05-26_150615集中できない
2016-05-26_150615悲観的になる



これらの症状に当てはまるのが「PMS」です。PMSの不快な症状は200種類以上とも言われるほど多く、人によっても、その月によっても症状の種類や程度に大きく違いがあるようです。


そして4割の女性が「生理前だから仕方がない」「我慢するしかない」と対策や治療をしていない現状があります。症状を緩和する選択肢のひとつとして「治療薬」があることをここでは紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSに効果的な治療薬

○低用量ピル

Menjoy_43987_1
婦人科を受診すると低用量ピルが処方されることが多くあります。ピルはもともと避妊を目的として開発された薬ですが、PMS症状の改善にも効果が期待できるとして使われることがあります。


PMSの原因はプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えることにより女性ホルモンのバランスが崩れてしまうからです。低用量ピルを服用することで排卵を一時的に中断させ、妊娠している状態に近くして、女性ホルモンの分泌を低下させバランスを整えることが目的です


しかし、ピルには副作用があり血栓を作るリスクが3~5倍に上昇することが分かっています。ピルは安全性の高い薬とされますが、その一方で日本人にはデメリットの方が大きいことも指摘されています。


○抗精神薬

0123
ココロの症状が強く現れるときは心療内科や精神科では抗精神薬が処方されることがあります。筋肉の緊張をとりのぞく作用があるため、イライラや不安感などを軽減することを目的としています。


抗精神薬はベンジゾアセピン系といわれ、効き目が早く出る一方で、依存性が強く、断薬の際の激しい離脱症状が生じることが知られています。


また、眠気や集中力低下、ふらつきなどの副作用もあるため、運転前の服用は控えなければなりません。


○漢方薬

iStock_000008002501Large
漢方医学には「気・血・水(き・けつ・すい)」というものがあります。気・血・水とは、人間が生命活動をするうえで必要な3つの要素で、PMS(月経前症候群)は気・血・水のすべてのバランスが乱れている状態と言われています。


漢方には即効性はありませんが、その代わりゆっくりと「体質を改善する」効果が期待できます。ドラックストアでも漢方薬は購入できますが自分に合ったものでないと効果は望めません。したがって、PMSの症状に合った漢方薬を処方してもらうためにも病院受診をおすすめします。


漢方薬は保険適用されるものが多いですが、病院やクリニックによっては、保険がきかない自由診療のところもあるので注意が必要です。


○PMS専用のサプリメント

niki66
PMS専用のサプリメントは正確には薬ではなく健康補助食品に該当しますが、PMSの症状を改善、緩和できると人気になっています。


チェストツリーの果実であるチェストベリーに含まれるエキスには、ホルモンの中枢である脳下垂体に直接働きかけることによって、女性ホルモンバランスを整える働きがあります


PMS専用サプリメントは医薬品ではなくサプリメントなので、副作用の心配も極めて低く、また、病院受診をする必要もないため、「病院受診に抵抗がある」「忙しくて受診ができない」このような女性にも支持されています。


⇒つらいPMSにリピート率93.2%の救世主はコチラ!


PMS症状 | うつの原因と対策

201106041200
あなたは生理前にこんな症状がありませんか?


○身体的症状


2016-05-26_150615頭痛
2016-05-26_150615腰痛
2016-05-26_150615下痢・便秘
2016-05-26_150615腹痛
2016-05-26_150615肩こり
2016-05-26_150615食欲不振
2016-05-26_150615眠れない
2016-05-26_150615カラダがだるい
2016-05-26_150615疲れやすい


○精神的症状


2016-05-26_150615気分が落ち込む
2016-05-26_150615意欲がなくなる
2016-05-26_150615無関心になる
2016-05-26_150615不安・焦り・イライラ感
2016-05-26_150615集中できない
2016-05-26_150615悲観的になる
2016-05-26_150615口数が少なくなる
2016-05-26_150615仕事でミスが増える
2016-05-26_150615楽しんだり喜んだりできない


これらの症状は「うつ病」で現れる症状です。うつ病は、気分が強く落ち込み憂うつになる、やる気が出ないなどの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるいといった身体的な症状が現れることのある病気で、気分障害のひとつです。


しかし、普段はこれらの症状が現れないのに生理前になると現れる場合は、PMS(月経前症候群)かもしれません。


うつ病とPMSによるうつ症状は現れる症状は似ていますが根本的には原因が違います。原因を解明すればPMSによるうつ症状の克服に近づきます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMS症状のうつの原因

1.ホルモンバランスの乱れ

医学的に明確な理由がわかっているわけではありませんが、もっといわれているのは、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響です。


プロゲステロンは、排卵から生理前の時期に分泌されます。排卵後にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してプロゲステロンが増えます。


2016-06-05_204105

この2つの女性ホルモンの分泌バランスや分泌量の切り替えがうまくいかないことで一時的に不安定な状態になり、身体的にも精神的にも不快な症状を感じてしまうのではないかと考えられています。


2.セロトニンとオキシトシンの分泌量

また、生理前は「幸福ホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌量が減ることが、月経前症候群の原因のひとつとも考えられています。


セロトニンが減少すると

•怒りっぽくなる
•不安を感じやすくなる
•落ち込みやすくなる
•集中力がなくなる

•何に対してもやる気がおきない
•うわの空になりがち
•他人との関わりを遠ざける

などの精神症状が現れます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSを上手に乗り切る4つの方法

うつ病とPMSによるうつ症状は原因や対処法が違います。間違った対処法ではあなたがつらいだけではなく、周りの人も心配になります。PMS症状のうつのメカニズムをおさらいして正しい対処法を学びましょう!


○規則正しい食事

38310
PMSの改善には栄養バランスのとれた食事が大切です。特に朝食は摂るようしましょう。
朝食を抜くとイライラしたり、眠気を感じたり症状が悪化します。 1日3食、バランスの良い食事をこころがけるのが基本です。


さらに、PMSの症状の緩和にはビタミン、ミネラルの摂取が効果的です。玄米はビタミンとミネラルを豊富に含む食材。 食物繊維は白米の6倍です。 便秘解消のほかにも、体内の余分なコレステロールや糖分を排出する手助けをしてくれます。


また、生理前はイライラするとチョコレートやケーキ、お菓子などを食べたくなりがち。 砂糖を使った甘いものは急激に血糖値を上下させるので、ビタミン、ミネラルを消耗し、イライラや疲れの原因になります。


どうしても甘いものがほしいときは、あずきやサツマイモ、栗などを使った和菓子をおすすめします。


○適度な運動

Stretching before Fitness & Exercise
1週間に3回程度、30分~1時間程度のウォーキングやストレッチなど、カラダを内側から温める運動を習慣化すると、自律神経が整ってきます。カラダを動かすと気分もすっきりし、血流が良くなるのでストレス解消や安眠効果、むくみ解消にもなります。


○ストレスを溜めない

pixta_12829332_S
PMSに限らずストレスはカラダに大きな負担をかけます。ストレスをためない工夫しましょう。基礎体温を測って不調になるサイクルを記録しておくと、不調になる時期をあらかじめ把握できて便利です。また、睡眠時間をたっぷりとることも大切です。月経前の期間は、余裕のある生活を心がけましょう。


○PMS専用のサプリメントを使ってみる

niki66
PMSの原因は女性ホルモンのバランスが乱れるために起こるといわれています。チェストツリーの果実であるチェストベリーに含まれるエキスには、ホルモンの中枢である脳下垂体に直接働きかけることによって、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌を促す働きがあります。


また、チェストツリーには精油、脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボノイド、アルカロイドなどを含み、これらの有効成分が働いてプロゲステロンを増やし、エストロゲンとの分泌バランスを整えます。


このチェストツリーの働きにより、ホルモンバランスの乱れが原因となって引き起こされる症状を緩和することができます



⇒PMSのうつ症状の救世主はコチラ!


PMSの症状 | あなたのその症状PMSかも?

f53a091f949ce2f6fde44550e47d7c94-600x394
PMS(月経前症候群)は女性が生理になる3日~10日前頃に起きる不快な症状のことです。PMSが現れると、イライラしたり意味のもなく泣きたくなったり、周りの人に攻撃的になったりするココロの症状や、肌荒れやむくみ、頭痛などカラダの症状が現れたりと、いろいろな不調が同時に起こります。


しかし、生理が始まると症状が軽くなったり、自然と治まるのがPMSの特徴です。


PMSの主な症状は以下のようなものがあります。


2016-05-15_091138

PMSは生理がある女性の約85%に起こるといわれています。しかも、PMSの種類は200以上あるともいわれ、症状は十人十色であるということを理解しなければなりません。


PMSが発症する原因は医学的にははっきりと解明されていませんでした。しかし、最近の研究では、女性ホルモンのバランスが崩れることで発症する説が有力のようです。


このこともあり、女性でもPMSという症状を正しく理解している人は約40%くらいしかいないといわれています。つまり、女性自身も生理前のココロやカラダの不調がPMSという症状だと知らない人もいるのです。


あなたの周りの女性が頭痛やむくみ、イライラしたり落ち込んでいる光景を見たことがありませんか?それらはすべてPMSの症状です。


では、PMSになるとどのような症状が出るのでしょうか?ここからは具体的に掘り下げてみたいと思います。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSの原因

PMSの原因ははっきりと解明されていませんが、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの女性ホルモンのバランスが崩れている説が有力です。


「エストロゲン」は乳房を発達させ、女性らしいカラダをつくったり、妊娠の準備に入れるように子宮内膜を厚くします。また、自律神経のバランスを整える役割があります。


「プロゲステロン」は子宮内膜の厚さを維持して、妊娠しやすい状態にしたり、体内の水分量を保持する役割があります。


このように、エストロゲンとプロゲステロンは、女性にとってとても重要な役割を果たしているホルモンです。しかし、この2つのホルモンは生理が始まる3日~10日前から分泌量に変化が現れます。この分泌量の変化がPMSの症状につながっているのではないか?といわれています。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSの症状は大きく分けると3つ

PMSの症状は大きく分けると3つあります。「ココロの症状」「カラダの症状」「行動の症状」です。では、ひとつずつ見ていきましょう。

・ココロの症状

女性ホルモンのバランスが崩れると「セロトニン」が減少します。セロトニンとは「幸福ホルモン」とも呼ばれ、私たち人間の精神面に大きな影響を与える「神経伝達物質」です。このセロトニンが不足すると、精神のバランスが崩れやすくなり、うつ病にかかりやすくなるといわれています。(生理前のイライラの原因はこちら)


・カラダの症状

次に女性ホルモンが崩れると、カラダが水分を溜め込んで、むくみやすくなります。これは、女性ホルモンのプロゲステロンが、妊娠のためにカラダを整えようと普段よりも体内の水分量を増やそうとするからです。


当然、水分量が増えると、カラダはむくみます。脚の水分が多くなれば脚がむくみ、頭の水分が多くなるとむくみではなく「頭痛」が起こります。(生理前の頭痛の原因はこちら)


・行動の症状

3つ目の症状は「インスリン」というホルモンの働きが弱くなります。インスリンは血糖値を下げる働きをするホルモンで、私たちが食事をした際に上がる血糖値を下げてくれる役目があります。


しかし、インスリンの働きが弱くなると、血糖値を下げるためにいつも以上に大量のインスリンが必要になり「低血糖」という状態になります。低血糖になると、集中力の低下や眠気が現れます。


そうなるとカラダは「血糖値を上げなくては!」と、急に甘いものを食べたくなったりする行動が現れます。ダイエット中の女性にはつらいですよね。


女性にとってつらいPMS。ここからはPMSの主な対策についてお伝えします。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6婦人科や心療内科

一般的にPMS(月経前症候群)の治療を開始する際にはまず、血液検査からという病院がほとんどです。この際の血液検査は、保険の適用外で、約一万円くらいが相場のようです。


血液検査をしてホルモン値や他の病気や疾患などの有無等を調べるところから入り、それぞれの人に合った治療を開始するという方法です。


婦人科では低用量ピル、心療内科や精神科では抗うつ薬、精神安定剤などの精神薬が処方されます。低用量ピルは高い避妊効果があるので、避妊の目的として使われることも多い薬ですが、PMS(月経前症候群)の治療においても高い効果を発揮してくれる薬です。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6漢方薬をつかった治療

東洋医学においては、「気・血・水(き、けつ、すい)」のバランスが乱れていると心やカラダに不調が現れると言われています。つまり、ホルモンの変化とあなたの体質や、そのときどきの体調が原因にあるという考えです。


特にPMSの症状は、「血」がアンバランス状態であるとされます。あなたの体質にピッタリ合った漢方薬が処方されると、症状が良くなっていくことが多いようです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6サプリメントで治療する栄養療法

栄養療法とは、サプリメントによってPMS症状の改善を図る治療法です。PMSの原因であるホルモンバランスの乱れは、特定の栄養素の不足、および低血糖に起因している不足しがちな栄養素を人工的に補給します。あわせて、症状改善に有効な食事指導も行います。


流れとしては、血液検査を行い「隠れ貧血(=潜在性鉄欠乏性貧血)」の有無を調べ、ヘム鉄などのサプリメントの処方をしてくれます。隠れ貧血が強いと、将来不妊症になる可能性があります。実際にPMS患者の数値を計ると、著しい鉄分の不足が見られます。


一般的な婦人科などでPMSの診療をする際には、こうした数値を確認することはできないため、栄養療法を専門的に行うクリニックで診察を受けましょう。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6ココロやカラダのPMS症状を和らげてくれるサプリメント

PMS症状が重い場合は受診をおすすめするのですが、受診する時間のない人はサプリメントでも軽減させることができます。


『ルナベリー』は、生理前の症状の緩和のために発売されているサプリメントの中でリピート率93.2%を誇る商品です。生理前のイライラやモヤモヤした気持を9種類のハーブで癒してくれます。