PMSの原因と5つのケア方法

201106041200
生理の始まる頃から頭を悩ませるココロとカラダのトラブル「PMS」。しかし、多くの女性が「仕方ない」「我慢するしかない」と、このPMSのつらさが過ぎるのをじっと我慢している状況です。


2016-06-22_213340イライラする
2016-06-22_213340頭痛や腹痛・腰痛がある
2016-06-22_213340乳房が張る・痛い
2016-06-22_213340疲れやすい
2016-06-22_213340ニキビや肌荒れが起こる
2016-06-22_213340やる気が出ない
2016-06-22_213340情緒が不安定になる


これらに当てはまる症状が「PMS」です。PMSの種類は200以上あるともいわれ、症状の現れ方もまさに十人十色。仕方ない、我慢するしかないと、あきらめるまえに原因がわかればPMSを軽減することも可能です。


img_2 - コピー - コピー
PMSの原因は実際のところ解明されていませんが、ホルモンバランスが乱れることにより起こることが有力のようです。ホルモンバランスが乱れる原因をおさらいして、PMSを軽減するケア方法を学びましょう!


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6ストレス2016-06-29_163633
Frustrated and stressed angry Chinese woman pulling her hair with hands

強いストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れ、「副腎皮質ホルモン」というストレスに対処するホルモンの分泌を活発にします。


慢性的なストレスにさらされた場合、このホルモンが常時高い濃度で分泌され続けるため、 働き過ぎた副腎の機能が低下しホルモンを分泌できなくなります


ホルモンの分泌ができなくなると当然、ホルモンバランスが乱れPMSの症状が強く出る場合があります。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを受けない生活習慣を心がける必要があります。


2016-06-29_155613 日常生活のストレス対処法の詳細をみる


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6睡眠不足2016-06-29_163633
150717cafeglobe_mediagene-thumb-640x360-8636
「PMS」と「睡眠」。睡眠リズムの乱れがPMSを誘発したり、症状を重くしたりと、この2つは密接に関係しているといわれています。


睡眠不足だからといって、睡眠時間を多くすればよいかというとそうではありません。カラダが最もケアされる睡眠時間帯が重要になります。


2016-06-29_155613 睡眠不足の対処法の詳細をみる


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6食生活2016-06-29_163633
cc50f15f864264f1a4dce2e765e27b0
食生活もPMSには大きく関係しています。偏った食事や過度のアルコール摂取、糖分の摂り過ぎなどはPMSだけでなく、カラダやお肌の不調を招く要因です。


食生活を改善すことはカラダにとって、とても大切なことです。普段の食生活をほんの少し見直すことから始めることで、カラダの調子は整ってきます。


2016-06-29_155613 食生活を改善する方法の詳細を見る


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6冷え性2016-06-29_163633
寒さに震える女性
もともと女性のカラダは冷えやすいのですが、生理前は特に冷えを感じます。下半身から冷えを感じ「そろそろ生理かな?」と思われる人もいるようです。


冷えは生理前の症状だけでなく、カラダにさまざまな弊害をもたらします。寒い時期は血行不良により症状が悪化しやすくなるので、より注意が必要です。


2016-06-29_155613 冷え性対策法の詳細を見る


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6低用量ピル2016-06-29_163633
yjimage4R6HS5F
PMSの治療では、低用量ピルや超低用量ピルを用いることがあります。低用量ピルは、排卵を抑制することでホルモンの乱れを一定にさせ、PMSの軽減を目指します。


即効性が期待できる治療法ですが、その反面、副作用の心配もあります。ピルには血液を固める作用があり、血栓ができやすくなるといわれています。さらに、薬を飲んでいる人もピルを服用できないこともあるので注意が必要です。


そこで今、副作用が極めて低い、ハーブを配合したPMS専用サプリメントが注目されています。


2016-06-29_155613 サプリメント対処法の詳細を見る

PMSケア | サプリメント対処法

サプリメント
女性の85%は何らかのPMS症状が現れているといわれています。しかし、女性でもPMSの認知度が低く、約4割の人は「仕方ない」「我慢するしかない」と、何も対策を取っていない人も少なくありません。

PMSケアには生活習慣や食生活の改善のほかに、低用量ピルや漢方薬、PMS専用サプリメントがあります。

PMSサプリメントは低用量ピルなどの薬と比較すると、副作用のリスクが極めて低く比較的安全ということから、注目度が高まっています。

また、ピルや漢方薬のように病院を受診したり、わざわざ薬局に行かなくてもネットで購入することができるため大変便利というのもポイントです。

しかし、PMSサプリメントもたくさんの種類が販売され、私たち購入者側としてはどのサプリメントが良いのか迷うと思います。

そこで、PMSサプリメントを選ぶ時の重要なポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6PMSサプリメントの選び方とポイント

PMS対策のためのサプリメントですから改善や緩和に効果が期待できる成分が配合されている必要があるのはもちろんですが、サプリメントという特性上、安全性も非常に重要になります。

そこで、このサイトでは

2016-06-22_213340チェストベリーが配合されているか
2016-06-22_213340安全性はどうか
2016-06-22_213340価格・コスパは良いか

以上のPMSサプリメントに求めるべき要素を3点に絞り込みました。

○チェストベリーが配合されているか

chaste-tree1
ハーブ先進国であるドイツでは、PMSの治療薬として認可されています。日本ではあまり馴染みのないハーブでしたが、最近はサプリメントとして多くの女性たちの味方となっています。

チェストベリーエキスには、女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」という黄体ホルモンの分泌を促進する働きがあるといわれており、PMS時に起こるホルモンバランスの乱れを予防する効果に期待できます。

チェストベリーの一日の推奨摂取量は20~40mgと言われていますので、この数値を目安にサプリメントを選ぶようにしましょう。

ピルはこのプロゲステロンを直接摂取するので副作用が起きてしまいますが、チェストベリーエキスは自然のチカラで本来の体内からの分泌を促すものなので、極めて副作用が低いといえます。

○安全性はどうか

2016-06-29_142328
サプリメントなどの健康食品や栄養機能食品にはその安全性や基準を保つためにGMPという、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準が設けられています。

健康食品(特に錠剤やカプセル)は、製造の過程で濃縮や混合などの作業が行われるため、製品中に含まれる成分量にバラつきがでたり、汚染などにより有害物質が混入したりする可能性があります。

より安心で安全な製品を消費者へ届けるために厳しいチェック体制と管理基準を定めた認定基準なのでサプリメントにはGMPマークが入っている方がより安全です。

○価格・コスパは良いか

044
PMSサプリメントは医薬品ではないため、即効性は期待できません。最低でも2~3カ月は続けなければ効果を実感できません。

たとえ即効性があったとしても価格の高すぎるものは継続しにくいですよね。PMSサプリメントの大半が「定期コース」を導入しているので、そちらを利用することがお財布にも優しく継続しやすいと思います。

また、返金保証に対応している商品なら万が一、あなたが納得いく効果が得られなくても、返金してもらえるので安心して使うことができるのでおすすめです。


img_2 - コピー - コピー - コピー

index_img_visual-9aab7ee28ea8b62de803027903d8aeea
PMS(生理前症候群)は女性ホルモンのバランスが崩れるために起こるとされています。PMS症状を改善するサプリメントにはさまざまな種類がありますが、その中でもリピート率93.2%の『ルナベリー』がおすすめです。


ルナベリーの最大の特徴はPMSに効果が期待できるチェストベリーを40mg配合しています。チェストベリーエキスには女性ホルモンと似た働きをすることが科学的に明らかになっており、女性の不調を解消する薬として古くから親しまれています。


さらに8種のハーブや排卵期に減少しやすいビタミンB群をはじめ、カルシウム・マグネシウム・イソフラボンなど女性の健康に必要な栄養素をバランスよくぎゅっと詰めこんだ栄養機能食品です。


チェストベリーは1日に30〜40mgの摂取が推奨されていますが、ルナベリーなら1日一粒飲むだけで推奨摂取量の40mgを摂れるのでとても簡単です。


ルナベリーは通常価格4,400円(税込)ですが、定期コースだと送料500円のみの実質無料で始めることができます。しかも、満足できなければ120日間の全額返金保証がついているので安心して効果を試すことができます。


2016-06-22_230741


PMSケア | 冷え性対策法

_
もともと冷えやすい女性のカラダは、生理前になるとさらに冷えてしまいます。冷え性であったり、カラダが冷えている状態だとPMSの症状は重くなってしまうと言われている一方で、PMSが原因で冷えが起こるということもあります。


冷え性は万病の元といわれ、冷えを改善するだけでもPMSの軽減や、冷え以外の症状が相乗効果で改善します。ここでは冷え性の原因と簡単にできる冷えの改善法をまとめてみました。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6生理前に体が特に冷えるのはなぜ?

生理前になるとカラダに水分を溜め込む働きのあるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えるので、生理前の女性のカラダは水分を溜め込みやすくなっています


そして、カラダに余分な水分が溜まってしまうとカラダが冷えその結果、生理前に特にカラダが冷えてしまう、ということです。


さらに、生理前のイライラは交感神経が優位になって引き起こされる症状とされており、PMSと冷えに深く関係しています。


交感神経は緊張状態にある時や激しい活動をしている時に優位になります。交感神経はアドレナリンの分泌・血管の収縮が起こす作用があり、その状態が続くと、血行が悪くなり、血液が体中に行き渡らなくなるので冷えが悪化する、ということになります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6手軽にできる冷えの対策

冷えからくるカラダの不調は、頭痛やめまい、手足のしびれやむくみ、胃もたれ、便秘、だるさや疲労感、動悸、不眠などがあります。


さらに、肌荒れやニキビの原因、抜け毛や肥満にもつながってきます。冷え性はカラダにとって百害あって一利なしです。


ここからは日常生活で簡単にできる冷え性対策を紹介します。


○お風呂にゆっくりつかる

p4_ttl
お風呂にゆっくりと長い時間使って、ココロとカラダをリラックスさせたり、お風呂から上がったらストレッチをするなど、カラダを少しでも動かすようにして血行を促進しましょう。


さらに、足湯も効果的です。熱めのお湯にひざ下を浸ける足湯をしてみると、体中がぽかぽかしてくるのを味わえ、下半身の緊張がほぐれます。


○カイロで効果的にカラダを温めよう

stomach
手足末端の冷えは、手足を温めても効果がないといわれています。内蔵が冷えていると、まず内蔵を温めるために血液が供給されるからです。


ですので、手足を温めるにはまず、内蔵を温めることがいちばんです。サンドイッチのようにカラダを挟んで腹部とおしりに貼るカイロを装着し温めてあげると、効果的にカラダを温めることができます。


○温めるとPMSに効果がある部分

・おなか側・丹田

おへそから8~10センチ下に丹田というツボがあります。丹田はカラダの幹ともいわれ、丹田を鍛えると良い気が入ってきたり、姿勢が良くなったりととても大事なツボです。


この部分を温めると、ホルモンバランスが整えられ、PMSの症状を緩和する働きがあるとされています。さらに、精神安定のツボでもあるので温まってくると気持ちも和らいできます。


・おしり側・仙骨・尾てい骨

特に下半身の冷えを解消したいなら、仙骨周辺を温めるのが効果的です。仙骨や尾てい骨は、背骨と腰をつなぐ骨。


お尻の割れ目の上の突起あたりにカイロを貼りましょう。この辺りは骨盤の要であり、重要な神経や血管が通っている場所です。


この周辺を温めるとエストロゲンが分泌されやすくなることから、生理痛を始めとするPMSの症状を和らげてくれます。


○血液をサラサラにしてくれる生野菜を摂取しましょう

Fresh vegetables

冷え性を治すのは温かい食事ではなく、血液をサラサラにする食べ物が重要です。血液がドロドロだと、手足まで血は通いませんよね。


冷え性を改善するために、温かい食事をとることは一時的な効果でしかありません。どうやったら血液をサラサラにできるかを考えることが必要です。


血液をサラサラにしてくれる生野菜を積極的に食べる週間をつけておくと良いです。生野菜の豊富な「水分」と「栄養」で、質のいいサラサラ血液がつくられるようになります。


「でも、生野菜はカラダを冷やすのでは?」と思われるかもしれませんが、生野菜を食べるには3つのコツがあります。


2016-06-22_213340常温で食べる
2016-06-22_213340季節の野菜を食べる
2016-06-22_213340よく噛んで食べる

野菜は水分が多いので、生で食べると逆にカラダが冷え、冷え性の人は寒く感じるかもしれません。


しかし、野菜を常温に戻して食べたり、冬はカラダを温める作用のある冬野菜を食べることで、カラダを冷やすことなく野菜を食べることができます。


さらに、生野菜は消化に悪いと言われていますが、よく噛んで食べることで、一瞬で解決することができます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6まとめ

女性にとって冷え性は切っても切れない関係です。上手く付き合うことで冷えは軽減することができます。


上記以外にも、カラダを締め付けるようなきつい下着、衣服、ブーツはもちろん、かかとの高い靴は血行を悪くしてしまい冷えにつながるので、なるべく避けましょう。


日常生活の中で少しずつ実行することで冷えも改善できるのでぜひ、無理のない程度でチャレンジしてみてくださいね。






PMSケア | 食生活を改善する方法

89b75b0d9f9c091477b3368f0e2069e0
食事は私たち人間が生きていく上で欠かせないものです。しかし、現代社会はファストフードやジャンクフードが巷に溢れ栄養バランスが偏っています。


栄養の偏りはカラダに不調が現れるだけでなく、肌トラブルの原因になることも。あなたが毎日何気なく食べている食事は、バランスが取れているでしょうか? ここで毎日の食生活を見直しながら、栄養バランスをチェックしてみましょう。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6普段の食事に栄養のある物を加える

1405215top
3食、毎日、栄養バランスのしっかりと摂れた食事を用意するのは難しいものです。そこで、食事に少し栄養のあるものを加える、栄養のあるものに切り替えてみましょう。


例えば、サラダ油の代わりにオリーブオイルやココナッツオイル、亜麻仁油を使う、ご飯に玄米、五穀米、キヌアなどを混ぜる、納豆を一品として加える、サラダにアーモンドを散らすといったように、栄養があるスーパーフードを加えてみるのです。


少しの工夫で、足りない栄養素をかなり補えるようになります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6朝食は一日のエネルギー源

38310
最近忙しさに流されて、朝食を抜く人が増えています。


「どうしても朝は食欲がない」「食べる時間的余裕がない」という理由が多いようですが、本来、朝食は1日のスタートの活力として、とても大切なものです。


○朝食の役割は大きく3つあります。

2016-06-22_213340脳のエネルギー源(ブドウ糖)の補給
2016-06-22_213340体温上昇による代謝の活性化
2016-06-22_213340排便の習慣づくり

脳が活動するときに使われるエネルギーは主にブドウ糖ですが、ブドウ糖は体内に多く貯蔵しておくことができないため、すぐに不足してしまいます。


寝ている間も脳は活動を続けているので、起床時の脳はエネルギーが不足している状態です。


朝食で脳のエネルギー源を補給してあげることで、脳が活発に働くことができ、 午前中の仕事や活動の集中力や記憶力を維持することができます。


でも、朝は忙しくてシリアルに牛乳をかけて食べるだけ、トーストだけという方もいらっしゃるかと思います。


そんな方は、シリアルにフラックスシードをスプーン一杯入れてみたり、ブランフレークを選んだり、牛乳の代わりに豆乳を使ってみたり、全粒粉のトーストに無糖のピーナッツバターを塗ってみたりすると良いでしょう。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6食べ方にも注意が必要

syokuzi
血糖値が下がると、食欲が極度に増したり、イライラする症状が悪化することがあります。かといって血糖値を急激に上げてしまうと、その後急降下して悪循環に陥る可能性もあります。


血糖値をゆっくりと上げて安定させるには、

2016-06-22_213340血糖値を急激に上げる食品を避ける。(砂糖、果物、チョコレート、ケーキなど)
2016-06-22_213340ゆっくり消化しゆっくり血糖値を上げられる食品を摂取する。
2016-06-22_2133401日4〜6回など小分けにして食事をとる。

400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6食生活を改善することのPMSへのメリット

PMSのために薬を使いたくない場合や低用量ピルの副作用がつらかった時などは食事によってPMSを抑えることができるメリットがあります。


全てを実行しようとすると、それが負担になりストレスにつながる場合もあります。まずは、できる範囲で気軽に1カ月行うようにしてみましょう。


PMSケア | 睡眠不足の対処法

topimg_large
家事に育児、仕事にと私たち女性にとって毎日が忙しく、場合によっては十分な睡眠が取れないこともあります。


睡眠はPMSの改善だけでなく、私たちが生きていく上で最も重要な部分です。睡眠時間が取れなくても「質の良い睡眠」を取ることが大切。ここでは、睡眠不足についての対処法を紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6眠りについてからの3時間がカギ!

眠りはじめの3時間にだけ分泌されるのが、成長ホルモンです。成長ホルモンは子どもの成長にかかせないものだという印象ですが、実は大人にとってもホルモンです。細胞の再生、免疫力の向上を促進してくれます。PMSの改善、そして最も重要なターンオーバーを促進してくれる効果があります。


成長ホルモンは眠りはじめ3時間に集中的に分泌されるため、この3時間に質の良い睡眠をとれているかがカギになります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6質の良い睡眠とは

仕事や家事が忙しくて長時間の睡眠をとることができない人もいるでしょう。しかし、心配する必要はありません。


実は、質の悪い長時間睡眠よりも、質の良い短時間睡眠のほうが重要です。質の良い睡眠時間とは深い睡眠の事で『ノンレム睡眠』といいます。


ノンレム睡眠は、成長ホルモンの分泌を促進してくれるだけでなく、脳の疲労回復にかかせません。この睡眠が充分に取れないといくら長時間睡眠したとしても、明け方の倦怠感につながることになります。


○ノンレム睡眠を作りだすために

・半身浴

眠りにつく1時間前に、ぬるま湯(38°~40°)で半身浴をしましょう。元の体温にもどろうとした時に自然と眠くなり、その時間が入浴1時間後といわれてます。


・夜8時以降にカフェインを摂取しない

カフェインは交感神経を刺激することで眠気を覚ますなどの効果があります。そのため、就寝前には寝る前には眠気を誘うカモミールかホットミルクを飲むようにしましょう。


・寝る前に目や脳に刺激をあたえない

寝る直前まで携帯をいじったりテレビを見るのは控えましょう。脳が刺激され、目がさめてしまい、リラックスまでに時間がかかります。


できるだけ何もせずに、寝る1時間前には照明を落としリラックスできる環境をつくりましょう。


・寝る前に飲食・アルコールをとらない

寝る前に飲食をすると、消化にエネルギーを使うため、睡眠の質が下がります。就寝3時間前には食事を済ませておきましょう。


寝付けに効果のあるといわれるアルコールもNGです。アルコールには脳を刺激する効果があるので、すぐ眠りにつけても浅い睡眠しかとることができません。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6ゴールデンタイムはもう古い!?

カラダの疲労やお肌の回復をしてくれる睡眠に最適な時間を『ゴールデンタイム』(午後10時~午前2時の間)とよく聞きますよね。


しかし現代では、ゴールデンタイムは時間帯ではなく、眠りはじめの3時間であるといわれています。


次のグラフは、睡眠の深さと睡眠時間の関係を表したものです。


2016-06-29_083920
(画像引用元:ぐっすり眠ってよい明日 | クリハラ薬局 - e-kusuriya.net -)


見てわかるように、睡眠前半には熟睡といわれるノンレム睡眠(ステージ3・4)が出現しますが、睡眠の後半につれてどんどんステージは軽度になっていきます。


仕事の関係などで、どうしても深夜や朝方にしか睡眠時間をとれないからといって、がっかりする必要はありません。


現代では、ゴールデンタイムは自分で作るということができるのです。


このように、しっかり睡眠時間をとれない方も、質の良い睡眠をとるように心がければ、ストレスも減ります。睡眠の質を改善することで、快適な毎日を過ごすことができるようになりますよ。



PMSケア | 日常生活のストレス対処法

irairagenin
私たち現代人にとって、ストレスは切っても切り離せないものです。理想はストレスフリーの生活ですが現実的には難しいですよね。


それなら、ストレスを軽減することでPMSのケアをすることが大切です。ここでは、ストレスケアの方法を紹介します。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6運動をする・カラダを動かす

Stretching before Fitness & Exercise

運動やカラダを動かすことで、気分が快楽になりストレスホルモンの分泌を抑える効果があります。と、同時に新陳代謝が上がり、適切にカラダの細胞が生まれ変わります。


○運動のメリット

2016-06-22_213340肌にハリ、ツヤが出る
2016-06-22_213340便秘の改善
2016-06-22_213340ダイエット効果
2016-06-22_213340免疫力を高める
2016-06-22_213340新陳代謝があがる

このように運動を行うことによって、体内環境が良くなるためPMSの改善にもつながります。


また、代謝があがることによって、老廃物を汗や便から排出し、新しい細胞が生まれます。このサイクルをターンオーバーといい、女性にとってはうれしい美肌を保つ秘訣にもなります。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6笑ってストレス解消

5eeceb8d9f3d5a19ca4065ac0715fd52
『笑う』ということは医学的にストレスを軽減させる効果があると認められています。笑いにはリラックス効果があり、細胞が活性化され免疫力もあがります。自律神経のバランスも整い、PMS、日常生活のイライラも軽減されます。


普段、あまり笑わない人は表情筋肉が固まっています。表情筋を日頃からよく動かすことを意識して日常生活を過ごしましょう。大きな口で『あ・い・う・え・お』と顔全体の筋肉を使ってみるのもおすすめです。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6アロマや香りでリラックス

41769
香りは人間の脳の感情に関与する部分に働きかけリラックス効果をもたらしてくれます。


やる気がでない・イライラする・便秘・冷え性・不眠など、様々なストレスを軽減してくれ、肌にも良い効果をもたらします。


○ジャスミン・バニラ

リラックス効果が高く、女性ホルモンのバランスを整え生理トラブルにも効果があります。


○ベルガモット・レモングラス

リフレッシュ効果。高ぶった神経を緩和させ、心を穏やかにしてくれます。


○ローズ

バラに含まれる成分が女性を美しくしてくれる秘密の成分で、イライラや興奮といった神経系の活動を抑制することで高いリラックス効果が期待できます。


400_F_41663266_gqL8Yt7rBgYh5aNLh0ZOjjDWASYtaKa6正しく呼吸をするだけでもストレス解消

1405311331242483
呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。呼吸法を少し意識するだけで、ストレスの軽減に効果があります。


・胸式呼吸の行い方

胸を意識し大きくし、胸郭を拡げるように鼻から息を吸います。お腹に少し力をいれて引っ込めるイメージで、お腹が膨らまないようにしましょう。


息を吐く時には、お腹を引き締め胸から吐いていくイメージで行って下さい。


○胸式呼吸がもたらす効果

胸式呼吸を行う事で、覚醒/活動を司る神経を刺激し、身体や頭がスッキリとします。そのため、ラジオ体操や、ピラティスは胸式呼吸で行われています。


また、胸式呼吸は肋骨を広げますので、背筋が伸び、姿勢が良くなります。女性の方はバストアップの効果も期待できます。


・腹式呼吸の行い方

体内の空気を全て出すつもりで、時間をかけ、ゆっくり口から息を吐いていきます。全て空気を出したあとに、鼻から深く息を吸い込み、一気にお腹まで吸い込んでいきます。下腹が膨らむように意識して息を吸って下さい。


そして、口から再度息を吐いていきます。この時には吸った息よりも吐く息をゆっくりと長く吐いて下さい。


○腹式呼吸がもたらす効果

腹式呼吸を行う事で拍数がおちつき、血管が拡がってくれ、血行が促進されます。血行促進はリンパの流れを流し老廃物を排出してくれます。


また、体内の内臓脂肪を燃やしてくれるため、皮脂のつまり、毛穴の開きの改善にもつながります


皮膚呼吸が活発になり皮膚の再生機能がスムーズに行われるため、PMSによる肌荒れからお肌を綺麗に再生していきます。


朝起きたら胸式呼吸をしてスッキリ・寝る前には腹式呼吸をしてリラックス』呼吸を意識するだけで毎日のストレスが少しずつ改善されていくかもしれませんよ。